現在の閲覧者数:
平群町の図書館活動が前進 県のいっそうの支援を求めます
 読書は、子どもにとって、言葉を学び、感性を磨き、表現力を高め、想像力を豊かにするために欠くことのできないものです。

 平群町では数年前から「子どもたちにもっと使われる学校図書館に」とボランティアの力をいかし、レイアウトの改善、書棚の整理、本の修理などがおこなわれました。平成24年5月から町立図書館「あすのすへぐり」の司書が学校図書館を支援し始め、24年10月には国の交付金を活用して北小学校に支所を配置、貸し出し数が倍増し、先生方が授業準備などで利用する機会が増えるなど、大きく前進しました。

 2月27日、奈良県くらし創造部の青少年・生涯学習課が主催し、子ども読書活動推進フォーラムを開催。平成25年3月に子ども読書活動推進計画を策定された平群町における図書館を中心とした取り組みを紹介し、関係者が問題意識や経験を交流しました。

 今後、県のイニシアチブがいっそう発揮され、各市町村の取り組みを支援し、図書館・学校・ボランティアの3者の連携による子ども読書活動を推進するきっかけとなることを願います。



 ↑2月27日に開催された読書活動推進フォーラム


 ↑図書館司書の配置で学校図書館が充実しはじめています


 ↑虹色のキャラクター「あすのすザウルス」も定着しつつあります


 ↑読書活動推進のイベントも人気です


 ↑フォーラムには多くの関係者が参加しました
 
カテゴリ:平群町 | 21:30 | comments(0) | - | - | - |
側溝での転落死亡事故の教訓いかし安全対策を
 1月29日(水)夜、平群町西宮の川原路線(竜田川駅〜椿井交差点)を歩行されていた方が側溝に転落し死亡する事故がありました。心から哀悼の誠を捧げ、故人のご冥福をお祈りいたします。

 事故があった現場は、以前から転落事故があるなど危険性が指摘されていたヵ所であり、事故直後の現場検証に立ち会うとともに、ご遺族から要望をお聞きし、安全対策を平群町担当課に申し入れました。

 さっそく担当課長が遺族を弔問し、転落防止柵と街灯の設置がなされることになりました。死亡事故の教訓が生かされることを願ってやみません。


カテゴリ:平群町 | 20:00 | comments(0) | - | - | - |
TPPに反対し、平群の農業を守ろう!
 平群町の収穫祭が開催され参加しました。主産物共励品評会では、祝辞を述べさせていただきました。

 受賞されたみなさん、おめでとうございます。

 ちなみに、写真は、受賞された方が撮影・提供してくださりました。感謝いたします。

 祝辞のなかでは、県農協や医師会、生協連などが開催した反TPP県民集会の模様を紹介し、平群町の農業を守り抜く決意を訴えました。




 ↑反TPP県民集会の模様を紹介し、平群の農業を守る決意を訴えました


 ↑子どもたちの作品です



 
カテゴリ:平群町 | 21:30 | comments(0) | - | - | - |
男性の3人に1人が戦争にかり出され、そううち3人に1人が亡くなった 〜 平群町戦没者追悼式典に参加


 平群町戦没者追悼式に参列。

 戦争に出征して犠牲となった316名の御霊前に献花いたしました。

 当時、平群村の人口は約6000人です。約1000人が戦争に出征し、316名が犠牲となりました。男性の3人に1人が戦争にかり出され、そのうち3人に1人は帰ってこなかったのです。

 この316名の他に、学徒動員として派遣された大阪などで空襲により亡くなった方、貧困から来る栄養失調で亡くなった方などがたくさんおられます。

 暴走する安倍内閣は、憲法9条改定を策動し、自民党が昨年発表した憲法草案には、国防軍の創設や軍法会議の設置が明記されました。自民党の石破幹事長は、兵役拒否なら死刑も辞さない、と持論を展開しています。

 二度と戦争による悲劇を繰り返さないためにも、暴走する自民党政治を食い止める決意を新たにいたしました。
カテゴリ:平群町 | 21:38 | comments(0) | - | - | - |
いも煮会、123人の参加で大盛況


 

 毎年恒例の日本共産党平群町後援会、いも煮会は、123人の参加で大盛況でした。

 腹話術、子どもクイズ、お楽しみ抽選会、川柳コーナー、歌あり、おどりありのあっという間の2時間半でしたが、おおいに盛り上がりました。
カテゴリ:平群町 | 23:47 | comments(0) | - | - | - |
通学路の安全対策が一歩前進

 ↑竜田川駅南踏み切りから、宮本事務所前


 ↑左折して踏切を渡る車による巻き込み事故が心配されていました



 平群南小PTAから要望していた竜田川駅南踏み切り、平群北小PTAから要望していた元山上口駅北西の櫟原橋、この2ヶ所のグリーン舗装が実施されます。

 通学路の安全が脅かされる事故が相次ぎ、昨年県議会で取り上げました。その後、県土木、県警察、各小学校の合同で緊急点検が実施され、生駒郡内では48ヵ所(平群10、三郷16、斑鳩17、安堵5)が「対策必要箇所」とされ、具体化されることになっています。

 根本解決が難しいヵ所も多数ありますが、引き続き頑張りたいと思います。
カテゴリ:平群町 | 21:09 | comments(0) | - | - | - |
イスが足りなくなる盛況〜生駒郡各地の演説会で
 15日、斑鳩町、三郷町、平群町で、谷川和広候補の個人演説会を開催しました。

 どの会場も熱気溢れる集会となりました。

 斑鳩町では、元民主党県連副代表の和田作郎さん(町内在住、作家、音楽家)が「アベノミクスがひどいが、悪政をいっしょにすすめてきた民主党は、決して反自民の受け皿にはならない。日本共産党しかない、と友人知人に訴えている。100人以上に日本共産党支持をお願いするハガキをだしたが、今回は3人から『私も頑張る』と返信がきた。こんなことは初めて。」と話して下さいました。これまで他党支持だった方も、今回は日本共産党支持を広げて下さる可能性があることを示すものです。

 平群町の会場は、西宮公民館のイスが足りなくなるほどの盛況で、こんなことは自治会で最大のイベント秋祭りの打ち上げでも起こらないくらいの出来事です。




 ↑私も、それぞれの会場で、選挙の争点や、終盤の選挙情勢をお話ししました。


 ↑いかるがホール。久しぶりの70名をこえる参加で盛況。


 ↑三郷町コミセン。満席の70名。


 ↑平群会場(西宮公民館)は、イスが足りなくなる94名の参加。若い人の姿も目立ちました。
カテゴリ:平群町 | 09:07 | comments(0) | - | - | - |
乾燥続き…火災に注意
 乾燥が続き、県内でも野焼きから広がる火災が続発しているようです。

 11日、たまたま県道椿井王寺線を走っていると、消防車が現場に急行しています。

 現場は平群町北信貴ヶ丘の農地でおこった野焼き火災でした。

 幸い、すぐ鎮火し、けが人、延焼はありませんでした。

 みなさん、気をつけましょう。
 


 ↑野焼きが燃え広がり、危機一髪


 ↑乾燥に注意しましょう
カテゴリ:平群町 | 00:24 | comments(0) | - | - | - |
大門ダム完成 せんとくんも眺める
 大門ダムが完成し、記念式典に参加しました。

 880年前に築造され、生活・農業用水としてた利用されてきた大門池ですが、堰堤が震度5で崩壊することがわかりました。耐震工事が困難で膨大な予算が必要なことから、この堰堤を撤去し小型のダムとすることで、利水・治水に活用する多目的ダムとして整備されたものです。

 今後は、県、平群町、三郷町、信貴山観光協会、朝護孫子寺が連携し、環境整備や観光振興の拠点として活用されます。
 


  完成したダムを眺める「せんとくん」「長屋くん」「左近くん」


 
カテゴリ:平群町 | 16:26 | comments(0) | - | - | - |
「ミスター世代と松井世代が力を合わせて」平群町長寿会総会にてごあいさつ
 平群町の長寿会の総会には、毎年お招き頂く上に、ご挨拶の機会を与えて頂いております。

 タイガースファンの私ですが、国民栄誉賞授賞式ではミスターと松井選手の師弟愛に感動したことを紹介しつつ、今後のさらなる年金削減の計画を紹介し、現役世代と年金世代の分断を図る政治の酷さを告発しました。

 私自身、松井選手と同じ年齢の世代であり、ミスター世代のみなさんとも力を合わせて、冷たい政治を変える決意を述べさせていただきました。


 

カテゴリ:平群町 | 19:16 | comments(0) | - | - | - |
<< | 4/23PAGES | >>