現在の閲覧者数:
総合防災訓練へ
 生駒郡総合防災訓練が安堵町でおこなわれ、参加しました。

 安堵町、斑鳩町、三郷町、平群町の各消防団員のみなさん、西和消防組合、西和警察署をはじめ、多くのみなさんの参加で関心の高さをうかがうことができます。

 消防団員をはじめ、みなさんの日頃のご活躍に心から敬意を表します。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ←今日のランキングは・・・

 



カテゴリ:安堵町 | 12:07 | comments(0) | - | - | - |
街頭宣伝 安堵中学校の給食実現の展望は・・・
 昨日から一転して、カンカン照りの今日。

 午前中は安堵町内を宣伝行動。6月議会の報告とあわせ、安堵町で気運が高まっているコミュニティバスへの県支援を引き出す問題や、要望が高まり多くの議員が発言し始めている中学校給食の実現への展望について、訴えました。

 あちらこちらで、手を振ってのあたたかいご声援を頂きました。


 午後からは斑鳩町内を訪問対話活動。6人の方に入党を呼びかけました。


にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ←今日のランキングは・・・
カテゴリ:安堵町 | 22:32 | comments(0) | - | - | - |
安堵町にて行動

 ↑安堵町の歴史民俗資料館


 今日は安堵町にて訪問活動。

 雨模様でしたが、実りの多い一日となりました。

 今後、第1木曜日と第3木曜日は、安堵町での行動にあてることにしています。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ←今日のランキングは・・・
カテゴリ:安堵町 | 22:24 | comments(0) | - | - | - |
平和行進が申し入れ
 

 平和行進2011が安堵町へ。申し入れをおこないました。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ←今日のランキングは・・・
カテゴリ:安堵町 | 22:44 | comments(0) | - | - | - |
奈良県誕生の父、今村勤三氏を訪ね、関西広域連合を考える





 行動の合間に、安堵町の歴史民俗資料館を訪れました。

 ここは、「奈良県再設置運動」で有名な今村勤三氏(奈良県議会初代議長)の旧家でもあります。

 明治9年(1876年)、「轄領地拡大で税収増を」との政府方針により奈良県は堺県に吸収され、さらに5年後、堺県は大阪府に吸収されました。奈良の人が納めた税金は大阪湾岸開発に注ぎ込まれ、奈良の河川整備・道路整備は遅れました。大和川は大雨のたびに氾濫。平群の十三峠では追い剥ぎが後を絶たない・・・。町はさびれ、堺へ転出する人が後を絶たなかったと、展示されている当時の「郵便報知新聞」が伝えます。
 
 今村勤三氏らの手により運動が広がり、ようやく明治20年(1887年)、奈良県が再設置されることになりました。
 

 「関西広域連合は道州制への第一歩、府県をなくし関西州を実現し大阪を州都に」「自由に使えるカネが1兆円になる、大阪ベイエリア開発と関西大環状道路実現を」と訴える大阪の橋元知事の姿が、当時の状況とダブります。

 この広域連合の旗振り役は関西財界です。行政の広域化と都市部への一極集中により、大型公共事業こそ潤いますが、ますます地域格差が広がり福祉は切り捨てられます。橋元知事自身も「広域連合は住民生活と関係ない」と言い放っています。


 明治時代の「広域化」が行き詰まったように、現在の「関西広域連合」の行き着く先が、財界の儲け応援、地方自治と住民生活の破壊であることは明らかです。荒井知事の「行き先の不明なバスには乗らない」という姿勢は評価できますが、この広域連合バスの本当の中身をもっと住民知らせることが大切だと思います。
 
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ←3位浮上なるか?
カテゴリ:安堵町 | 21:23 | comments(0) | - | - | - |
グラウンドで一息
 安堵町で訪問活動中、グラウンド前を通りかかると、体育協会の役員の皆さんをおみかけしましたので立ち寄り、しばし懇談。

 子どもの体力低下をうけ、奈良県教育委員会が打ち出した「5歳から体力テスト実施」という対策が話題になっていました。

 役員の皆さんのご意見は「競争させれば体力がつくというものではない」「スポーツの楽しさが実感できるような指導が必要」とのこと。

 「野球やサッカーでもスパルタ的な指導では楽しさが実感できない。結果として実力もつかず、ますます指導者がいきり立ってスパルタ的になる悪循環」と、競争的指導の弊害を語っておられたのが印象的です。

 グラウンドでは三郷町の子どもたちと、安堵町の子どもたちがサッカーの試合をしていました。

 休憩の間にそれぞれのチームの指導者が丁寧な声かけをされていました。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ←3位浮上なるか?

 
カテゴリ:安堵町 | 22:47 | comments(0) | - | - | - |
2月活動がスタート
 
   ↑安堵町・小泉苑団地の入口で早朝宣伝


 2月活動がスタートです。いよいよ選挙告示の4月1日まで、あと2ヶ月となりました。

 先月の活動は、訪問活動や宣伝活動に力を入れました。

 たくさんの方に新しく「しんぶん赤旗」をご購読いただきました。

 今月は、毎朝の早朝宣伝を続けるのはもちろんのこと、訪問活動にも工夫を加えて行きたいと相談しているところです。宮本次郎を見かけた際には、お気軽に声をおかけ下さい。

 また、支持者のお宅をお借りしての「ミニ集会」を各地で開催し、この閉塞感を打ち破る憲政会核の展望を、多くの方と語り合いたいとと考えています。

 どうぞ宜しくお願いします。

 
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ←3位浮上なるか?
カテゴリ:安堵町 | 22:19 | comments(0) | - | - | - |
「ブログ見てますよ」と街頭宣伝中に声援
  街頭宣伝にがんばっています。

 住宅内では5分のスポット演説を多数こなす。交通量の多い交差点では8〜10分停車して、短いフレーズの話を4〜5種類お話しする。お話しする場所や地域に応じて内容をかえながら頑張っています。

 安堵町内で宣伝中、女性の方が「ブログみてますよ」と声をかけてくださいました。

 元気が出ます。
  

 

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ←気になるアノ議員のランキングは?
カテゴリ:安堵町 | 21:09 | comments(0) | - | - | - |
安堵町産業フェスティバル、平群町秋の収穫祭に参加

 ↑椿井王寺線拡幅工事に関する地元住民説明会


 ↑安堵町産業フェスティバル、恒例の餅つき


 ↑入賞された野菜


 ↑地元、平群町の収穫祭


 ↑南保育園の子どもたちの絵も展示されていました


 宿直明けの今日、午前中は三郷町にて県道椿井王寺線の拡幅工事に伴う地元住民説明会に参加。今日は午前中に三郷町東信貴ヶ丘・三室の両地域の住民を対象に説明会が行われ、午後からは夕陽丘の住民対象に行われました。私は午前の部に参加させていただきました。地籍の混乱がようやく解決され、S字カーブのヵ所など危険なところから詳細設計がなされます。全体の用地買収には5年はかかるだろうと説明されました。参加した住民から、用地買収交渉の際の残地保障の問題や、歩道の補修、交差点の冠水問題、速度制限や大型車規制の要望などがだされました。

 午後からは毎年恒例の安堵町産業フェスティバルへ。餅つきをさせていただき、地元産のお米でできた搗きたてのおいしいおもちをいただきました。

 そのあと、地元平群の収穫祭に参加。来賓挨拶の中で、農家や家族の皆さんが日本の美しい景観を守り、故郷の里山を守ってくださっていることに触れ、TPP反対の思いを訴えさせていただきました。表彰されたみなさん、おめでとうございます。

 その後、選挙事務所で事務所びらきの準備など打合せ会議、夕方は暗くなってから19日の小池晃政策委員長を招いての演説会の案内で歩くなど、たいへん充実した1日でした。


にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ←政治家ブログ(都道府県議)ランキングに参加中です。
         バナークリックがポイント化され、週間ポイントがランキング対象となります。
         お一人、1日1クリックまでがカウントされます。
          みなさんのご協力をお願いします。
カテゴリ:安堵町 | 22:22 | comments(0) | - | - | - |
安堵町 中学校給食に関する要求懇談会


 安堵町において、中学校給食に関する要求懇談会を開催。8名の方にご参加いただきました。日本共産党の田中幹男町議の他に、2名の町議からご参加いただくこともできました。

 奈良県の中学校給食(完全給食)実施状況(生徒数ベース)は、52.7%。全国平均74.6%と比べるとたいへんおくれており、県内で未実施の自治体は、市で奈良市、大和郡山市、大和高田市の3市、町村では安堵町、田原本町、広陵町です。安堵町(小学校1校、中学校1校)で仮に、中学校給食を実施するとすれば、現在小学校で作っている給食を中学校の生徒数175名分多く作り、中学校まで運ぶことになります。同じスタイルで実施しているのが平群町で、給食センターから4つの小学校1つの中学校に運んで実施しており、食材費を除いた水光熱費・人件費・施設改修費など年間経費は9900万円です(食材費は給食費として保護者から徴収)。平群町の場合児童・生徒数が1431名ですので、1名あたりの運営経費は6万9182円となります。安堵町で175名分に換算して推測すると、年間経費をあと1210万円の上乗せで実施できることになります。施設の増設なども必要なので単純にはいきませんが、安堵町の財政規模であれば、十分に可能で、1200万円といえば定数を2名削減した安堵町議会議員のちょうど2名分の歳費にあたる金額です。

 参加者からは「親の世代がたいへん忙しくなっており、弁当を作りたくても作れない。毎日のようにコンビニ弁当で済ませている生徒もおり、給食はぜひ実施してほしい」など切実な要望が寄せられました。

 また「町は、給食を実施しない理由を説明できない。強いて言えば、教育長が主張“弁当を作らなければ親の愛情が薄れる”というもので、今の時代、子どもと向き合うことが大切で、弁当だけで愛情をはかれない。」という発言もありました。

 参加された町議からは「住民、とくに保護者の世代が声を上げれば、町も動くはず」「議会としても保護者の声や生徒の声を聞く機会を設けられるよう相談したい」という心強い発言もありました。

 引き続き、住民の皆さんの声をお聞きし、世論を広げられるように力を尽くします。


 にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ←政治家ブログ(都道府県議)ランキングに参加中です。
         バナークリックがポイント化され、週間ポイントがランキング対象となります。
         お一人、1日1クリックまでがカウントされます。
          みなさんのご協力をお願いします。
カテゴリ:安堵町 | 22:52 | comments(0) | - | - | - |
<< | 2/4PAGES | >>