現在の閲覧者数:
立憲主義に対する知事の認識を問う…一般質問にたちました

 

 6月16日(木)、一般質問をおこないました。参院選が目前に迫り、憲法を巡る問題に関心が高まる(安倍首相が必至に争点から外そうとする)中、立憲主義に対する知事の認識をはじめ、今議会最大の注目議案となっているマリオットホテル誘致の条件整備となっている「まちづくり」220億円の契約案件の問題、椿井城・信貴山城など城郭跡保存運動への支援、子ども食堂への支援、三郷町東信貴ヶ丘で通学時間直前に「ゾーン30」通学路で発生した交通事故の問題などを取り上げました。

 

 なお今議会、奈良県が取り組んでいる「まほろばエコスタイル」の一環で、繊維工業協同組合が開発中の「ベスト」を試着しての質問となりました。この件で意見を述べた部分を以下に記しました。質問と答弁は「続きを読む」をクリックしてご覧下さい。

 

 

宮本次郎

 

  生駒郡選出・日本共産党の宮本次郎です。テレビ中継をご覧の皆様にも、ご挨拶を申し上げます。
今議会は質問者、理事者がこのベストを着用しておりますが、これは奈良県産エコスタイル事業の一環として繊維工業協同組合が製作し、来シーズンの着用にむけてモニタリングをしているというものでございます。吉野葛を含んだ和紙を糸状にしたもので編んだ素材ということで、さらに川西町で生産されている貝ボタンを使用したというものですが、色合いやデザイン等少し暑く感じるという感想を持っております。肌触りは良いと思いますが、寒い時期に着用するのであれば問題ないと思うのですが、夏の時期にエコスタイルで着用するのであれば繰り返し洗濯が可能なシャツなど、夏らしい涼しいものを着用するのが望ましいのかなと申し上げまして、質問に入ります。よろしくご検討ください。

続きを読む >>
カテゴリ:議会論戦 | 09:05 | comments(0) | - | - | - |
給付型奨学金の実現と学費減免制度を求める意見書が可決

 ↑署名は300万筆を突破し、国会では超党派で実現をせまる動きが。


 ↑意見書を提案しました。


 今定例県議会では、日本共産党が提案した「給付型奨学金の実現と学費減免制度を求める意見書」が全会一致で採択されました。

 意見書は2012年に政府が留保を撤回した「国際人権規約第13条第2項(b)及び(c)」のいわゆる「中等・高等教育の無償化条項」の実施を迫る内容です。非正規雇用の増大や社会保障の連続改悪により、経済格差が拡大し、子育て世代に貧困が広がっていることが大きな社会問題です。世界トップレベルの高学費と、返済時に利子がつく「奨学金」という名の教育ローンがが追い打ちをかけ、学生の学ぶ権利を著しく侵害しています。
 給付型奨学金を求める署名は300万筆をこえ、国会内では超党派で実現を迫る動きがあります。返済不要の給付型奨学金を創設する地方自治体がうまれたり、独自に学費減免制度を創設する大学もあります。政府の取り組みが急務です。

 昨年12月議会では、日本共産党が提案した「国立大学の運営交付金削減に反対する意見書」が採択されましたが、それに続くものであり、おおいに世論を喚起していきたいと思います。
カテゴリ:議会論戦 | 08:04 | comments(0) | - | - | - |
史実や科学的知見よりも「多くの人が楽しめるかどうか」が大切という荒井知事答弁―山村議員が代表質問

  ↑右腕を骨折し、治療中の山村議員。


 山村幸穂議員が代表質問にたちました。

 来年4月に実施されようとしている消費税増税ですが、県民アンケートでも「生活が苦しくなった」とこたえる人は一昨年、昨年と増えており、「消費税増税に影響を受けた」との回答は高齢者と子育て世代に顕著にあらわれるなど、低所得層を直撃していることが明らかです。「これ以上の増税は暮らしも営業も破壊する、知事として中止を求めるべき」と問いました。
 荒井知事は「社会保障のために必要、引き上げるべき」と答え「安倍首相に賛同しています」とまで述べました。山村議員が再質問で「消費税は所得の少ない人ほど負担が大きくなる不公平税制。増税は、貧困対策や中小企業支援など県の施策にも逆行するのではないか」と問いましたが、知事は全く答えず「消費税は中小企業税ではありません、わかっていますか」などと挑発する答弁に終始しました。

 また山村議員は、平城宮跡の埋蔵文化財に影響を与えかねない舗装工事や、史実と異なる様々な建設物が設置される事業について「史跡の整備・活用は、科学的な調査と研究の成果に基づいて行うことが原則という認識があるのか」と知事に問いました。荒井知事は「多くの人に喜ばれているかどうかが大切」と述べ、朝堂院広場の整備についても「多くの人が歩きやすく喜んでいる」と正当化。「反対した人は反省すべき」とまで述べました。
 2月に開催された大立山まつりで「神様仏様が集まる大極殿におまいりしましょう」と呼び掛けるなど、科学的知見や史実とは全くことなる誤った情報を発信している問題についても「正月を祝う普通のこと」「来年もつづける」と述べ、イベントへの賛同を求めました。

 知事がこのような考えでは、奈良の遺跡がほんとうに守られるのか、活用のためにどんどん史実が歪められてしまうのではないか、と危惧します。
カテゴリ:議会論戦 | 13:18 | comments(0) | - | - | - |
「県職員のサービス残業は質問準備が遅い議員のせい」―驚きの知事答弁



  ↑午後9時半の本庁舎。知事室、部長室以外はほとんど明かりがついている。


 今井議員が一般質問で県庁職員のサービス残業問題を取り上げました。

 質問前日夜9時半の県庁舎の写真を示し、長時間残業が常態化していることを紹介。職員から寄せられた投書を紹介し「23時24時になることも多く、泊まり込んでいる職員いる。残業代は決まった金額しか支払われず、土日は出勤しても無給。」という実態を訴えました。

 ところが知事は「県民の皆さん、誤解しないでください。昨日は議会の質問対応で職員が忙しかった。議員が早く質問を提出すれば残業はなくなる。」と答弁しました。

 これは、常態化している県職員のサービス残業の実態を認めず、議員の質問提出が遅れていることが長時間残業の原因とする、きわめて不誠実な答弁です。翌日の議会運営委員会で、知事答弁の真意を確かめることと、答弁の撤回を求めるよう、正副議長と議会運営委員会の正副委員長に求めました。

 ちなみに、議会事務局の答弁では、質問提出が期限より遅い議員はないとのことです。

 他会派からも「あの答弁は不誠実」との意見が相次ぎ、正副議長がこの問題について知事と面談し、真意をただすこととなりました。
カテゴリ:議会論戦 | 16:18 | comments(0) | - | - | - |
「富裕層にお金を使ってもらうための投資合戦」福祉の立場投げ捨てる知事答弁―代表質問


 代表質問をおこないました。

 格差と貧困の広がりが深刻な中、「高級ホテル」や「高級レストラン」で富裕層を呼び込む開発に巨額をつぎ込むのではなく、県民生活に心を寄せた県政運営を求めました。

 県は、奈良公園を開発したり「ニセねぶた祭り」で集客を狙う一方で、奈良県民の所得は全国平均と比べても大きく落ち込み、非正規雇用が広がっています。アベノミクスの「3本の矢」「新3本の矢」はいずれも的外れで、必要なのは所得を増やす「1本の矢」です。その立場にたって、県の雇用対策や開発問題をただしました。

 知事は「富裕層にお金をあげるのではなく、富裕層にお金を使ってもらうために投資する、自治体間の競争になっている」と開発に巨額を投じていることに対し開き直る答弁に終始しました。

 このほか、鉄道駅のバリアフリー化、無人駅問題、学校図書館司書の配置などについて取り上げました。

 質問全文は「続きを読む」をご覧ください。
続きを読む >>
カテゴリ:議会論戦 | 21:21 | comments(0) | - | - | - |
代表質問1日目
 本会議が再開され、初日の各党代表質問がおこなわれました。

 自民党は、格差と貧困を広げてきた「アベノミクス」を絶賛し、財界奉仕の公共事業バラまきである「地方創生」に追随するものでした。「カジノを近鉄八木駅前に誘致し、女性や子どもも楽しめるように」との質問に対しては、さすがに知事も「奈良のまちに似合わない」と拒否しました。

 なら維新の会は、TPPの影響について調査・公表を求めるものでしたが、「各県の試算の根拠になっている農水省試算は不安を煽る試算との見方もある」として、公表しない姿勢を示しました。

 創生奈良は、沖縄県で政府が押しつける新基地建設に関わる公有水面の埋め立て許可を、翁長沖縄県知事が取り消したことに対し、政府が強権発動している問題をとりあげたものでした。「地方分権一括法により国と県は対等な立場になったのだから、今回の横暴な埋め立て代執行という強権発動は許されない。奈良県知事として国に立ち向かう翁長知事に連帯できないのか。」という質問に対し、知事は「基地問題は外交防衛問題で国の専権事項。とくに沖縄問題は複雑であり、奈良県知事として関わるべきでない」と述べました。

 月曜日は代表質問2日目がおこなわれます。
カテゴリ:議会論戦 | 20:59 | comments(0) | - | - | - |
12月定例県議会はじまる 太田議員が討論

 ↑決算認定に反対の討論をおこなう太田敦議員。

 12月定例県議会が開会しました。

 冒頭に、閉会中に行われた決算審査特別委員会の報告と採決が行われました。日本共産党は一般会計決算に反対。太田敦議員が討論にたちました。

 2014年度決算では、平城遷都1300年事業に関連する東アジア研究として「日本と東アジアの未来を考える委員会」の研究報告として6000万円もかかる書籍がつくられています。これまでに1億4000万円をかけた冊子が発行されていますが、内容は、研究とは言い難く、県民的な理解を得られないものです。平城宮跡国営公園事業や、奈良公園整備として開発推進、ホテル誘致の推進など、見直すべきと反対しました。

 12月議会では、格差と貧困の広がりの中で、県民の暮らしの実態に心寄せた予算編成となるよう論戦にのぞみます。
カテゴリ:議会論戦 | 20:41 | comments(0) | - | - | - |
12月県議会が開会
 12月定例県議会が開会しました。総額18億7877万円の補正予算や条例案など28議案が上程されました。

 日本共産党からは、7日(月)13:00〜私が代表質問に、8日(火)13:50〜今井議員が一般質問にたちます。

 地デジ9CH奈良テレビ中継をご覧ください。




12月4日(金)代表質問
 ー由民主党 (新谷紘一議員)
 ⊆民党奈良 (粒谷友示議員)
 なら維新の会(松尾勇臣議員)
 ち論呼猯鼻  弊邯正志議員)

12月7日(月)代表質問
 ‘本共産党 (宮本次郎議員)
 ¬閏臈沺   蔽奥美里議員)
 8明党   (大国正博議員)

12月8日(火)一般質問
 ^羃正徳議員(自由民主党)
 ∈0羝子議員(日本共産党)
 C單朕亀弋聴(自由民主党)
 ぞ硝椽々圧聴(自民党絆)

12月9日(水)一般質問
 ‥朕匠議員 (民主党)
 ∪樟邏儺聴 (自民党奈良)
 C羸鄂魑聴 (なら維新の会)
 っ飜邁躬傍聴(自由民主党)

 
カテゴリ:議会論戦 | 20:12 | comments(0) | - | - | - |
2016年度予算要望 荒井知事に提出し懇談


 日本共産党の来年度予算要望書を知事に提出しました。子どもの医療費助成制度の拡充(国にペナルティー措置の廃止を求め、窓口負担をなくす)や介護保険制度の充実など、命と暮らしを守る私たちの提案について懇談しました。
 子どもの医療費助成制度については今後、更なる運動が必要ですが、介護保険制度については地域包括ケアシステムをどのように構築していくのかについて、問題意識を共有することができました。
 また、いずみ信丈参院奈良選挙区予定候補から日本共産党が取り組みをすすめている戦争法案廃止のための国民連合政府についても詳しく説明しました。
 知事は、共産党の国民連合政府の提案に「思い切った提案で、注目していた」「提案は読みました」「共産党が主張をわきに置いて、行動するとは。主義主張を押し通すのが、共産党だと思っていました」と感想をのべていました。

 意見の違いはあっても、県民の要望はしっかり受け止めてほしいと、要請しました。知事も、福祉の財源や、社会保障制度の持続可能性をどうするのか、持論を述べていましたが、よく議論したいとも、答えました。
カテゴリ:議会論戦 | 20:21 | comments(0) | - | - | - |
9月定例会が閉会―日本共産党の討論

  ↑議会最終日、討論に立つ


 日本共産党は9月定例県議会、提出された11議案のうち2つの議案に反対し9つに賛成。討論にもたちました。

 他会派はすべて討論もすることなく、全議案に賛成しました。

 なお、議員報酬の1割削減は全議員が提案者となり成立しました。

 私がおこなった討論は、以下の通りです。


【9月定例会最終日、日本共産党の討論】


 宮本次郎です。

 日本共産党を代表して、提出された議案への討論を行います。

 まず議第73号、平成27年度一般会計補正予算案についてです。

 本予算案では、宿泊観光客増加に向けた冬期イベントとして大立山まつりの開催に2億円が計上されました。これは、本来、内発的な動機によって発展させられ、それを支援することが県の役割であるのに、まつりの時期とは無縁の、寒さ対策が求められる1月末に、平城宮跡でイベントを開催するものです。結局、冬に誘客をしたいという動機から、全国的に人気のある「ねぶた祭り」を模倣して、そこにいろいろと理屈をつけたというのが実態です。「ねぶた」の起源が「大立山」にあるというのも、一説に過ぎません。伝統文化の保存、地域経済の活性化というなら、地元の取り組みこそ支援するべきであり賛同できません。

 高畑裁判所跡地の遺構保存、庭園整備については、計画策定、事業者公募のための募集要項・要求水準書を作成するための予算です。中世の遺跡と近代の庭園を、同時に保存・利活用するというものですが、その値打ちがどこにあり、真実性をどう示すのかは慎重な研究と検証が必要です。また、この地域に、食と賑わい、交流・滞在の施設を建設することについては、地元住民との合意形成も不十分な上に、景観保存上も相応しくなく、賛同できません。

 県営プール跡地プロジェクトにかかる債務負担行為補正については、220億8000万円もの公費をつぎ込む根拠が明らかにされず、拠点整備に伴って立地するホテルブランドも明らかにされていませんでした。ブランドが明らかにされるのは年末、220億円の積算根拠が明らかにされるのは年度末ということで、県民や議員は、最後に詳細を知ることになります。ホテルが立地すれば、宿泊観光が増えて、滞在する人があふれて、日帰り観光の問題が解決するというのも見通しがあるのでしょうか。賛同できません。
よって、議第73号に反対します。


 議第81号、関西広域連合規約の一部変更に関する協議については、すでに広域連携で行っていたものであり、知事も以前からおっしゃっていたように、屋上屋を架すものです。そこに分担金をもって参加する必要はないと考えるものであり、賛同できません。
よって、議第81号に反対します。


 その他の議案については賛成です。討論は以上です。ご静聴ありがとうございました。
カテゴリ:議会論戦 | 23:58 | comments(0) | - | - | - |
<< | 2/15PAGES | >>