現在の閲覧者数:
今週の早朝宣伝予定 1/10(火)〜13(金)

 ↑1/5(木)、JR法隆寺駅北口にて

 

今週の早朝街頭宣伝予定

 

10(火)JR三郷駅

11(水)勢野北口駅

12(木)信貴山下駅

13(金)若草橋

カテゴリ:今週の早朝宣伝 | 00:50 | comments(0) | - | - | - |
2017年、新年明けましておめでとうございます。

 ↑日本共産党平群町委員会発行の平群民報新年号表紙です。

 

 新年おめでとうございます。昨年は参院選で「野党共闘」が大きく前進しました。安倍内閣の暴走政治に対する市民運動が大きな力を発揮しています。今年はさらに日本共産党を強く大きくして、野党連合政権が実現できるよう頑張ります。1/15〜18に開催される第27回党大会はを成功させ、パワーアップした日本共産党の力で衆院解散総選挙を実現し、躍進を勝ち取りたいものです。

 

 県議会では、「国際芸術家村構想」や奈良公園にリゾートホテルを誘致する開発計画など、地方創生交付金をばら撒く「奈良版アベノミクス」と厳しく対峙し頑張ります。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリ:その他の話題 | 00:43 | comments(0) | - | - | - |
ロタウィルス予防ワクチン接種の公費接種化を求める意見書が採択

 ↑意見書を提案する小林照代議員

 

 日本共産党は今定例県議会、.蹈織Εぅ襯好錺チンの公費による定期接種かを求める意見書、特別支援学校の過密化解消と設置基準策定を求める意見書、TPP交渉の国会承認を行わずTPP交渉からの撤退を求める意見書、て逎后璽瀬鵑貿標された自衛隊員の撤退を求める意見書、の4本の意見書を提案しましたが、意見書調整会議で調整の結果、◆銑い楼娶の一致を見ることができず上程するに至りませんでした。,砲弔い討肋林議員が提案者となり、全会一致で採択されました。

 

 「ロタウイルスワクチンの公費による定期接種化を求める意見書」
 

 ロタウイルス感染症は、乳幼児の胃腸炎としては最も多く発症する感染症の一つです。感染力の強いウイルスによるもので、発症すれば激しい下痢や嘔吐、発熱を伴い、重症化しやすいとされています。
 現在は、公費で接種できる予防接種法の対象とはされておらず、公的支援のない任意接種とされています。予防接種を受ける場合には、1回あたり8,000円から10,000円の負担がかかり、2回もしくは3回の接種が必要です。必要性を感じても経済的負担を考えると接種をためらうことも多いのが実態です。

 世界的には、ロタウイルスワクチンにより重症例が大きく減少され医療費の削減にも結びついています。わが国においても、子どもをロタウイルス感染から守り、医療費の軽減をすすめるためにも、早急に予防接種法の定期接種の対象とし、公費負担とするよう求めます。

 

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

 
平成28年12月16日   奈良県議会

カテゴリ:- | 22:56 | comments(0) | - | - | - |
12月定例県議会が閉会 太田議員が討論

 ↑討論を行う太田議員

 

 12月定例県議会が閉会しました。日本共産党は地方創生交付金を使った政府の政策誘導による大型事業予算を含む補正予算1件と、県議会議員の報酬を引き上げる条例改正1件の、合計2議案に反対(この2議案には日本共産党以外にも2会派が反対)。その他の議案には賛成しました。

 

 また、高校授業料の無償化を大阪と同等に取り組むことを求める請願は、自民党奈良・日本共産党・日本維新の会・創生奈良の4会派が紹介議員となり総務警察委員会で賛成多数により採択。本会議でも、自民・公明・民主が反対あるいは退席などしましたが、賛成多数で採択されました。

 奈良県では、私立高校に通う生徒の約半数は大阪の私学に通っていますが、年収590万円未満の家庭の場合、大阪在住だと授業料が無償なのに奈良県在住だと有償という格差があります。県内在住すべての生徒の無償化実現に必要な財源は21億円ですが、今回の請願採択を受け、県当局は新年度予算案に反映させることが求められます。反映されない場合は、議員発議による組み替え提案を行って参ります。

 

 議会最終日、日本共産党を代表して太田あつし議員が討論にたちました。太田議員は「奈良県国祭芸術家村」構想について、「高級レストランや商業施設、宿泊施設、情報発信拠点など大がかりな複合施設は見直すべき」と主張。文化財保存や宮大工など伝統工芸の担い手育成に絞った内容に改めるよう求めました。また、巨額を投じ今春開校したものの定員割れを起こしたたNAFIC(なら食と農の魅力創造国際大学校)隣接地に建設予定のセミナーハウスについて「耕作放棄地が多い中、ぶどう畑などをつぶして建設することは本末転倒」と批判しました。 

カテゴリ:- | 16:35 | comments(0) | - | - | - |
奈良公園へのリゾートホテル誘致などで論戦―山村議員が一般質問

 

 

 

 

 山村幸穂議員が一般質問にたち、建物だけで95億円もつぎこむ「国際芸術家村構想」と、奈良公園に高級リゾートホテルを呼び込む「吉城園周辺地区整備」「高畑裁判所跡地整備」計画について、知事の考えを質しました。どちらも安倍政権が進める観光戦略に基づき「地方創生交付金」をばら撒く政策に乗った大掛かりな開発計画です。

 

 「国際芸術家村構想」について山村議員は、文化財修復施設や伝統工芸後継者育成は強化すべきだが、道の駅、レストラン、宿泊施設、情報発信拠点などを整備する計画について「なぜこれが芸術家村なのか」「複合施設としての大がかりな整備は必要ない」と再検討を求めました。荒井知事は「文化財修復だけでは施設が小さくなる、複合的な施設のほうが地方創生交付金を受けられるのでそうした」と述べ、政府の政策誘導に追随する姿勢を見せました。

 

 また、山村議員は奈良公園について「国指定名勝地として、文化財保護法、古都保存法、第一種風致地区など厳しい開発規制をしてきた地区」とし「発掘調査された庭園を復元し、誰もが楽しめるように整備することは理解できるが、高級ホテル建設がなぜ必要なのか。反対住民の声を真摯に受け止めるべき」と主張しました。荒井知事は「一部反対者がいるが、多くが賛成」との認識を示し「高級ホテルのレベルが高いほど、環境が良くなる」とリゾートホテル誘致を合理化しました。

 

 山村議員はこのほか、県営住宅のバリアフリー化、在宅医療の充実、総合医療センター移転後のまちづくりについて質問しました。

 

 

カテゴリ:議会論戦 | 16:27 | comments(0) | - | - | - |
三郷町にテレワーク(=場所にとらわれない働き方)拠点

 

 

 情報通信技術を活用した時間や場所にとらわれない働き方「テレワーク」の推進拠点として、JR三郷駅前に「奈良サテライトオフィス35(さんごう)」がオープンしました。

 

 同オフィスは利用者が減っていた駅前駐輪場の3階部分約440屬魏修し開設。施設内にはテレビ会議ができる会議室2室や事務室3室のほか、間仕切りのあるブース6室(1人用4室、2人用2室)とコワーキング(COWORKING)スペース=個人用事務スペース34席が確保され、大阪など都市部の事業所に勤める人が週に数回同オフィスで仕事をしたり、起業の拠点として活用するなど幅広い使用を想定しています。

 
 開所時間は午前8時半から午後8時半まで。日曜・祝日・年末年始定休。施設利用料は来年3月31日までは無料。利用には会員登録が必要です。連絡先:0743−74−2102

 

カテゴリ:三郷町 | 09:27 | comments(0) | - | - | - |
過労死ライン超の月平均120時間(県庁における夜10時以降の深夜残業者の平均残業時間)

  ↑代表質問に立つ今井光子議員

 

 定例県議会は12月7〜8日、各党代表質問がおこなわれ、日本共産党を代表して今井光子議員が質問にたちました。

 

 今井議員は自衛隊の南スーダン派兵について、「7月の首都ジュバにおける大規模な武力衝突で数百人が死亡した後も戦闘が続いており、PKO5原則は破綻している」とし「自衛隊の撤退と憲法の範囲内での平和的支援を行うよう政府に求めるべき」と主張。「駆けつけ警護・宿営地共同防護という任務が付与された自衛隊が、任務遂行のために武器を使用すれば、南スーダン政府軍と自衛隊が交戦することになり、憲法9条2項に定められた“交戦権否定”に反するのではないか」と知事に問いました。

 荒井知事は「自衛隊の撤退などは政府の専権事項であり、意見を申し上げる立場にない」としつつ、憲法9条に反するかどうかについては「議論があることは十分承知している」と述べました。また、平和安全法制を念頭に置き「合憲の法律が成立したものと思っている」と述べ、戦争法を合理化する姿勢を見せました。

 

 また今井議員は県庁職員の長時間労働の実態について、県の調査でも12月・1月・2月には、22時以降の残業手当の支給対象者の平均残業時間が、131.6時間、120.8時間、122.7時間と、3ヶ月合計すると375.1時間にも上っていることを紹介。過労死危険ラインが80時間とされる中「いつ過労死が起こっても不思議でない」と指摘。荒井知事は調査を約束しました。

 

 今井議員はこのほか、◆祭りとイベントと地域の活性化、◆部落差別の解消の推進に関する法律案、◆就学援助制度、◆後期高齢者医療制度、などについて質問しました。   

カテゴリ:- | 23:08 | comments(0) | - | - | - |
今週の早朝宣伝予定(12月12日〜16日)

◆今週の早朝街頭宣伝予定

 

12(月)竜田大橋交差点

13(火)昭和橋交差点

14(水)北公園前交差点

15(木)JR法隆寺駅南口

16(金)立野交差点

カテゴリ:今週の早朝宣伝 | 09:21 | comments(0) | - | - | - |
今週の早朝街頭宣伝の予定 (12月5日〜12月9日)

 

今週の早朝宣伝予定

 

5(月) JR三郷駅

6(火) 勢野北口駅

7(水) 信貴山下駅

8(木) 若草橋

9(金) JR法隆寺駅北口

カテゴリ:今週の早朝宣伝 | 12:24 | comments(0) | - | - | - |
H27年度決算認定に3会派13名が反対

 ↑12月2日の議会初日、討論にたちました

 

 平成27年度決算認定に対し、日本共産党(5名全員)、日本維新の会(5名中監査委員を除く4名)、創生奈良(5名中議長を除く4名)の3会派13名が反対しました。

 

 私は12月定例県議会初日に行われた決算審査特別委員長報告に対し、以下の点で討論をおこないました。

 

…其盂丙垢硫鮠辰筝庁職員の長時間労働解消が大きな課題になっているときに、非正規雇用を増やし正規雇用の負担を増大させている。公契約条例施行から1年半経過したが、県発注事業で働く労働者の平均賃金は条例の対象になっている大規模事業に絞っても時給¥830であり、対象を広げれば最低賃金を下回るおそれがある。人間らしく働ける環境づくりに県が先頭に立って役割を果たすべきと問題提起。

 

県民の声を行政に反映させるという点では、県設置の187審議会のうち公募委員を選出しているのは3つしかないことや、29年度に奈良県で開催する「国民文化祭」「障害者芸術祭」で使用するロゴマークを公募せず随意契約した問題などを指摘。

 

40億円のプレミアム商品券に10億円の公費を投入している問題や子どもの貧困を巡る問題、小中高校進学時にかかる費用負担や学生向け奨学金の問題など、暮らし応援の施策があまりにも弱い点を指摘。

 

じ営プール跡地への国際ブランドホテル誘致、食と農の魅力創造国際大学校関連整備、奈良公園の開発、大立山まつりなどの事業に、あまりにもの巨額をつぎ込む問題を指摘。

 

 

カテゴリ:議会論戦 | 12:03 | comments(0) | - | - | - |
<< | 2/182PAGES | >>