現在の閲覧者数:
<< 老舗旅館や商店、宗教者、業者、ゲストハウス経営者らと懇談−党県コロナ対策本部が大門参院議員とともに | main | 新型コロナ―奈良県の感染拡大の現状と今後の課題は >>
PCR見通しは?−今週最大45件/日、来週最大60件/日、民間機関委託で350件/日見通す

 県内感染者情報が毎日発表されています。発症日、受診日、検査日などが公表されています。8日からは感染者の在住自治体名も公表されるようになりました。

 しかし気になるのが、発症から検査まで8〜9日かかっている事例が多く、その間に多くの方に感染するリスクが高いことです。

発症後1〜2日で受診し、そのまま即日検査が受けられる体制にして感染防止をすることが急務です。

 

 PCR検査では鼻の奥の粘膜から検体を採取しますが、その時にくしゃみや咳で飛沫が飛びますので、防護体制を取った上で検体採取し、後によく換気し消毒する必要があり時間がかかっていました。

 奈良県はこれをドライブスルー形式で車内で採取できるようにし時間短縮をはかるとのことです。

 今後の検査体制強化に注目したいと思います。

 

 

カテゴリ:新型コロナ対策の前進を | 20:57 | comments(0) | - | - | - |
コメント
コメントする