現在の閲覧者数:
<< 新型コロナ―ピーク予測に応じた保健体制、検査体制の充実を | main | PCR検査―体制弱体化の背後に「公務員リストラ」 >>
コロナキャンセル13万人、10億円の影響―県旅館ホテル組合がまとめ

 

 奈良県旅館・ホテル生活衛生同業組合は17日、これまでの宿泊キャンセルなどの実態調査に基づき、奈良県に支援を求める要望を提出しました。

 同組合の調査によると、3月12日時点の予約キャンセル数は、個人・団体、日帰り・宿泊あわせて2万2978件で13万4044人にのぼります(組合員166軒のうち56軒が回答)。影響額は10億4990万円と試算され、とくに今月以降はそもそも予約自体が入っておらず、「3月見込みは前年比50%以上の減」と回答した組合員が28軒に達したとのことです。

 要望書には、特別貸し付けや助成金などの相談窓口の充実、申請から実行までの期間短縮などとともに、マスクや消毒液などの安定供給などが盛り込まれています。

 奈良県経済への影響ははかり知れません。緊急的な支援と併せ、外国人観光客に依存し過ぎないなど、長期的な観光振興策が求められます。

カテゴリ:新型コロナ対策の前進を | 08:27 | comments(0) | - | - | - |
コメント
コメントする