現在の閲覧者数:
<< 荒井知事に新年度予算への要望を申し入れ | main | 記者発表―衆院奈良2区予定候補として奮闘します >>
近鉄生駒線1時間4本運行に―住民運動の成果

↑近鉄生駒線

 

↑2018年6月県議会の代表質問の様子

 

↑これまで2000筆を超える署名をお寄せいただき、近鉄へは4度にわたり申し入れました。

 

 

 朗報です。3月14日のダイヤ改正より、近鉄生駒線の1時間4本運行が実現します。住民運動の成果です。

 

 2017年10月22日に発生した台風21号災害による三郷町東信貴ヶ丘の住宅擁壁崩落事故の影響で1時間4本の通常運行が3本に減便されています。これは、復旧工事期間中、竜田川駅〜勢野北口駅間の徐行運転を余儀なくされていることによるものですが、利用者からは「近鉄奈良線やJR大和路線の接続が悪くなり大変不便」との声が寄せられていました。

 

 私たち日本共産党は「復旧工事後の1時間4本運行を求める署名」に取り組ませていただき、2000筆を超える署名をお寄せいただき、これまで4回にわたって近鉄側に申し入れを行いました。当初、近鉄側は「4本運行が基本で、工事完了後に戻す」としていましたが、2018年の申し入れ時には「ダイヤ改正がどうなるか現時点では不明」と後退しました。私たちは県議会や町議会でも取り上げ、行政側からも要請を強めるよう求めて参りました(※)。昨年12月には、平群町議会・三郷町議会そろって意見書があがり、今年1月には平群町・三郷町の町長・議長が4名そろって近鉄に要請するなどの動きに発展していました。

 

 党派をこえた住民運動の成果として、皆さんとともに喜び合いたいと思います。今後も引き続き年1回、近鉄本社に住民の願いをお届けし、利便性の高いまちづくりに力を尽くす決意です。

 

 

※2018年6月定例県議会代表質問から(県議会議事録検索システムより引用)

 

《宮本》なお、この災害の影響で、近鉄は勢野北口駅から竜田川駅間の徐行運転を行っておりまして、本来ですと一時間四本のところを三本に減便して運行が続けられています。利用者からは、JRや近鉄奈良線との接続が悪くなって待ち時間がふえたと、一時間四本の本格運行はいつになるのかと、要望が寄せられています。
 近畿日本鉄道株式会社本社運輸部に問い合わせますと、関係住民と協議中で今後のことは不明だがとしながらも、生駒線は一時間四本が基本運行だということです。そこで、引き続き、本格復旧工事完了後は直ちに一時間四本の基本運行に戻すよう、県からも要請すべきと考えますが、いかがでしょうか。知事の所見を伺います。

 

《知事》本格復旧工事完了後の近鉄生駒線基本運行の要請につきましては、周辺住民の方々が大変お困りになっていることは、県としても十分承知をしております。今後、復旧に向けた調整を行う際に、近畿日本鉄道株式会社に対し要請してまいりたいと考えております。

 

カテゴリ:まちかどの声 | 05:14 | comments(0) | - | - | - |
コメント
コメントする