現在の閲覧者数:
<< 消費税10%増税は大打撃―今こそ県民の暮らしによりそった県政運営を | main | 奈良レインボーフェスタ2019は、3000人以上のご参加で成功! >>
平群の山に甲子園12個分のメガソーラー―建設予定地を調査

 

 地域のみなさんと平群町櫟原地区のメガソーラー建設予定地を調査しました。

 

 計画は、東京ディズニーランドに匹敵する48ヘクタール(=甲子園球場12個分)を開発し、約6万枚のパネルを設置するというもので、県内でも屈指のメガソーラーとなります。

 

 地元自治会への説明会は実施されましたが、建設による影響は広範囲に及ぶと考えられ、「伐採で保水は大丈夫か」「地滑りしないか」「大型トラックの往来の影響は」など不安の声が広がっています。

 

 再生可能エネルギーとして期待される太陽光発電ですが、適正な管理がなされなければ災害を引き起こしかねません。町や県を通じ、広範な住民を対象とした説明会の実施と、住環境と調和がとれた計画となることを求めて参ります。

カテゴリ:- | 19:15 | comments(0) | - | - | - |
コメント
コメントする