現在の閲覧者数:
<< 今週の早朝街頭宣伝の予定 | main |
総選挙の結果について

総選挙へのご支援、ありがとうございました
 10月22日投開票された総選挙では、大きなご支援をいただき、ありがとうございました。私も街頭で多くの皆さんから
 「憲法改悪を阻止し、格差社会を解消するために、日本共産党に頑張ってほしい」
 「本気で野党共闘に力を尽くし、候補者を降ろしてまで奮闘する姿を評価している」
などの声をいただき、たいへん勇気づけられました。

 

 

野党共闘の前進も、日本共産党は21→12議席へ後退
 

 日本共産党は、小選挙区沖縄1区で赤嶺政賢候補の当選をかちとりました。「オール沖縄」のみなさんの力の大きな勝利です。比例代表では、前回獲得した20議席(606万票、11・37%)から、11議席(440万票、7・91%)への後退となりました。たいへんに残念な結果です。
 今回の総選挙で日本共産党は、市民と野党の共闘を成功させるために奮闘しました。日本共産党、立憲民主党、社民党の3野党が、市民連合と7項目の政策合意を結び、協力・連携して選挙をたたかいました。立憲民主党が躍進し、市民と野党の共闘勢力が全体として議席を増やしたことは大きな喜びです。

 

 

逆流のもとでの共闘勢力前進
 

 総選挙直前に、民進党が希望の党へ合流するという逆流が生まれましたが、日本共産党は市民と野党の共闘を断固として追求しました。共闘勢力の候補一本化のために、全国67の小選挙区で予定候補者を降ろし、多くのところで自主的支援を行いました。その結果、共闘勢力が全体として議席を伸ばすことに貢献できました。各地で「共闘の絆」「連帯の絆」がつくられたことを力に、市民と野党の共闘の本格的発展のために引き続き力を尽くしたいと思います。

 

 

小選挙区制度の歪みによる「虚構の多数」と対決し、公約実現に全力
 

 自民党・公明党は議席の3分の2を占めましたが、これは希望の党という自民党の新しい補完勢力が、野党共闘に分断と逆流をもちこむ中での結果です。自民党が比例得票33%(有権者比17.3%)に対し全議席の61%の議席を得たのは、大政党有利に民意を歪める小選挙区制がもたらしたもので「虚構の多数」にすぎません。
 日本共産党はこの選挙で、安倍暴走政治への審判をよびかけるとともに、安倍政権を退場させた後にどんな日本をつくるのかについて、外交、経済、原発、憲法、核兵器―5つの柱で日本改革ビジョンを訴えました。総選挙で掲げた公約を実現するために、引き続き頑張る決意です。

 


生駒郡各町の比例代表選挙での得票結果は以下の通りです。

 

 平群町  三郷町  斑鳩町  安堵町  合計
日本共産党  1214  1222  1317   266  4019
立憲民主党  1687  1720  2416   467  6290
社民党   154   154   263    46   617
自由民主党  3350  3513  5195  1436 13494
公明党   999   977  1502   486  3964
希望の党  1267  1275  2040   446  5028
日本維新の会  1425  1593  2128   475  5621

 

カテゴリ:議会論戦 | 22:50 | comments(0) | - | - | - |
コメント
コメントする