現在の閲覧者数:
<< 今週の早朝宣伝予定(7月11日〜15日) | main | 今週の早朝宣伝予定(7月19日〜22日) >>
日本共産党前進、野党共闘が始まる

  ↑今朝は竜田川駅で選挙結果の報告をおこないました。

 

 

日本共産党前進、野党共闘が始まる

 

  7月10日(日)投開票された参院選で日本共産党は、改選3議席から6議席へと前進しました。今回の選挙は、安倍内閣の戦争する国づくりに反対する市民の共同が広がり、全国的に野党共闘がうまれる歴史上初めての選挙となりました。

 安倍首相は最後まで憲法を語らず、「アベノミクスは道なかば」「野党共闘は野合」「自衛隊を違憲という共産党は無責任」という主張に終始しました。しかし、選挙戦終盤には様々な個人や団体が政権の圧力やしがらみを乗り越え、「今回ばかりは野党に1票」とよびかける動きが広がりました。

 
 奈良選挙区では民進党の前川清成氏が統一候補として奮闘しました。2013年参院選の自民党候補と民主・共産2党候補合計の得票差は12万3000票でしたが、今回は7万6000票にまで迫り、おおさか維新候補の得票を加えると自民候補を上回る結果となりました。

 

 

1人区の野党候補、前回2勝→今回11勝
 

 全国的には、野党統一候補は1人区(32ヵ所)で11勝21敗という結果で、沖縄と福島では現職閣僚を落選させるなど、健闘しました。前回2013年の1人区(31ヵ所)の野党候補結果(2勝29敗)と比べ、大きく巻き返すことができ、開始された野党共闘が確実に成果を上げていると言えます。

 
 

日本共産党は複数区で大健闘

 

 なお、日本共産党は比例代表で5議席を獲得しました。選挙区では東京選挙区(定数6)で当選し、神奈川、埼玉、千葉、茨城、静岡、愛知、京都、大阪、福岡の9選挙区で最後まで議席を争い次点になるなど、健闘しました。

 

 ご支援頂いた皆さんに心より御礼申し上げます。前進した日本共産党議席と、開始された野党共闘を力に、暴走政治を食い止め、立憲主義の回復、格差拡大のアベノミクス政策の転換をめざし、頑張る決意です。

 

 

奈良選挙区

候補者名 平群町 三郷町 斑鳩町 安堵町  合計
前川(統一) 3581 3617 4388  941 12527
佐藤(自民) 4411 4593 6036 2125 17164
吉野(お維) 2113 2270 2856  636  7875

 

比例代表(下段は前回2013年)

政党 平群町 三郷町 斑鳩町 安堵町

合計

日本共産党

 

1459

1536

1490

1424

1532

1560

 327

 325

  4798

  4845

自由民主党

 

3304

3333

3443

3389

4531

4449

1459

1379

12738

12552

民進党

 (民主党)

1696

1031

1594

 999

2213

1338

 507

 313

  6010

  3682

お維新

 (日維新)

2126

2010

2246

2207

2726

2516

 724

 655

  7824

  7388

公明党

 

1058

1111

1113

1172

1476

1518

 527

 535

  4174

  4339

社会民主党

 

 198

 192

 207

 228

 334

 280

  57

  51

  796

  751

 

カテゴリ:選挙結果 | 17:31 | comments(0) | - | - | - |
コメント
コメントする