現在の閲覧者数:
<< 参議院選挙 激しくたたかわれています | main | いよいよ明日が投票日です >>
国民みんなで安倍内閣の暴走をとめる選挙です

  ↑屋内演説会では15分〜20分、お話ししています。

 

 ↑和泉候補の訴えも好評です。

 

 

 選挙戦は終盤。安倍首相は、憲法改正の野望をひた隠し、この選挙をやり過ごそうとしています。しかし、選挙が終わって多数を握れば、憲法破壊が始まります。

 仝醜垠法の精神にたてばもっと早期にできたはずの学費無償化を、「憲法に書き込む」と言っておおさか維新を取り込み、憲法をまるで法律のようなもの変質させる。

 大災害や戦乱時などに備え「緊急事態条項を創設する」といって国民の基本的人権を制限する。

 「自衛隊は違憲だという意見があるので、憲法に国防軍を明記する」などといって自衛隊を海外の戦争に際限なく出動させる根拠をつくる。

 

 こうして憲法破壊が始まります。

 

 この憲法破壊の暴走を、国民みんなで食い止めるのが今度の選挙です。

 

 雑誌「通販生活」編集部は、「読者からの抗議を覚悟」とした上で、「自民党支持者の皆さんへ、今回ばかりは野党に1票」とよびかけました。

 

 週刊マンガ「ビッグコミックスピリッツ」は、憲法の全項目を印刷し、特別付録につけました。

 

 女性に人気のファッション誌「LEE」は「投票に行かなければ再び…」と見出し、11ページにわたり憲法や参院選を特集。

 

 自民党の支持母体で知られる宗教団体「生長の家」は、自民・公明・おおさか維新など改憲政党を「支持しない」と表明。

 

 こんなことは過去にありませんでした。

 

 安倍内閣はこれまでの自民党政権とまったく異質の存在。突出した「スーパー右翼」政権です。

 

 自民党支持者も含め、国民みんなで、いろんな圧力やしがらみを乗り越えて、この暴走を食い止める。これが今度の選挙の最大の争点です。

 

 選挙区は「前川清成(きよしげ)」統一候補に、比例代表は政党名で「日本共産党」へ。よろしくお願いします。

 

カテゴリ:Stop戦争する国づくり | 13:52 | comments(0) | - | - | - |
コメント
コメントする