現在の閲覧者数:
<< 2016年度予算要望 荒井知事に提出し懇談 | main | 12月県議会が開会 >>
駅員無配置問題、バリアフリー化問題で調査

 ↑生駒線で最も多い48段の階段がある近鉄東山駅。エレベータ―設置が急務です。


↑係員さんは1名だけなので、なかなか頼みにくい、との要望を良く聞きます。


↑3年前に駅員無配置化された元山上口駅。


↑元山上口駅では改札が閉まった状態になっており、インターホンで王寺駅に通知しました。


↑同じく、駅員が無配置化の勢野北口駅。「人が倒れていたが発見が遅れた」「切符購入時に釣り銭切れで困った」の声も。

 日本共産党近畿ブロック事務所の吉田さんが、駅員無配置化問題、バリアフリー問題で調査にこられました。東山駅、元山上口駅、平群駅、竜田川駅、勢野北口駅の調査をしました。
 12月の定例県議会で取り上げますが、国会でも取り上げてもらいます。運動を大きく広げて、東山駅のエレベーター設置や駅員配置を実現するよう頑張りたいと思います。



 
カテゴリ:まちかどの声 | 20:30 | comments(0) | - | - | - |
コメント
コメントする