現在の閲覧者数:
<< 平群町収穫祭―県政に「上流対策」=生産者への支援を求めたい | main | 第24回安堵町産業フェスティバル >>
「国民連合政府」提案もち、各地で懇談
 日本共産党が提案している「国民連合政府」について、各界との懇談を重ねています。

 9月19日に強行された平和安全法制は、「集団的自衛権」という口実で自衛隊をアメリカの対テロ戦争にさしだすものであり、どこからどうみても「戦争法」です。一内閣の判断で憲法の解釈を変更し、法律には時々の政権の判断1つでいかようにもできる「フリーハンド」を与えており、次元の違う危険性をもつものです。

 日本の民主主義、立憲主義、平和主義を犯すものであり、廃止する以外に道はありません。

 戦争法の廃止、1年前の閣議決定の撤回、この1点による協同で、野党は選挙協力をおこない安倍政権を打倒することを呼びかけています。

 県議団は奈良県農業協同組合(JA)中央会、森林組合など各会との懇談を重ねています。

 どこでも「柔軟な対応に驚き、日本共産党を見直した」「憲法は政治の基本だと思う。提案を歓迎する」などの受け止めが広がっています。



 ↑安堵町の西本安博町長と


 ↑森林組合にて
カテゴリ:Stop戦争する国づくり | 22:01 | comments(0) | - | - | - |
コメント
コメントする