現在の閲覧者数:
<< 今週の早朝宣伝予定 | main | 東京夢の島へ >>
新椿井橋が完成、交差点が供用開始
 平成8年度から進められていた椿井交差点改良事業は、10月30日に供用開始となりました。何度も県議会本会議で取り上げてきた箇所であり、今後の安全対策に注目したいと思います。

 今回の改良事業は、新しい椿井橋の完成、横断歩道と右左折レーン新設、信号機点灯パターンの改善などが特徴です。しかし、スーパー万代前の交差点がこれまでの交差点から分離されたため、点灯パターンが1つ増えることになりました。これに伴い、赤信号による待ち時間が延びることになり、特に町道川原路線(竜田川駅方面)から交差点へ出る車列の渋滞が長くなっています。今後の大きな課題です。
 なお、平群南小学校前の町道大井手路線からの取り付け道路と歩道は、旧椿井橋撤去後に整備されることになります。

 来春には同交差点北部に幼保一体型施設が開設予定であり、南都銀行平群店南側にはイオン系大型スーパーが出店予定です。通学・通園の安全対策やあらたな交通環境に伴う安全対策などを、引き続き求めて参ります。
 


 ↑「たつたかわ」とひらがな表記で濁らないのは何故か。郡山土木事務所の職員によると、川の流れや交通の流れが濁らないようにとの願掛けだそうです。


 ↑南北方向は、比較的スムーズに流れる


 ↑広くなって空き地になった交差点の北東角は、平群町のモニュメントが計画されている。

 ↑平群南小学校6年生の皆さんが開通場面を見学に。

 
カテゴリ:平群町 | 21:05 | comments(0) | - | - | - |
コメント
コメントする