現在の閲覧者数:
<< ブラックバイト調査、やってます! | main | ついに断念!若草山のモノレール〜運動の成果です〜 >>
教室にエアコン設置を!署名に取り組んでいます。










 いよいよ夏休みです。子どもたちは元気に、学校のプール開放に参加。真っ黒に日焼けしています。

 ところで、最近の異常気象や地球温暖化の影響は深刻で、学校の教室はたいへん暑い状態です。7月〜9月は気温36℃を超える所も存在します。

 子どもたちからは「暑すぎて勉強に集中できない」という声があいつぎ、熱中症が心配です。私は先週、生駒郡内の小中学校を訪問し、暑さの実態を調査しました。どの学校も「昔とは暑さの質が違う」「扇風機では間に合わない」「朝早く出勤して窓を開け、熱気を追い出すのが私の仕事」などの実態が寄せられました。

 奈良県内の小中学校におけるエアコン設置状況(普通教室)は6.1%で近畿最下位であり、全国平均の32.8%からも大きく遅れています。生駒郡では、学校統合で大規模改修された平群小学校に設置されているだけです。

 文部科学省の「学校環境衛生の基準」では「最も望ましい温度は、冬期では18〜20℃、夏期では25〜28℃であること」と定められており、エアコン設置の取り組みは急務ではないでしょうか。

 設置率が99.9%の東京都は、都独自の補助金を創設し、この3年間で一気に100%を達成しました。都の担当者にお聞きしますと、市町村負担の約半分を都が助成する仕組みで、H23年度は18億9千万円、H24年度は21億2千万円、H25年度は1億9千万円の支出(決算ベース)です。予算では各年度22億円ずつ見込んでいたそうですが「案外安く済んだ」とのことです。

 都の補助金は、1教室あたり約50万円です。奈良県で3カ年計画で実施しようとすれば年間約7億円です。若草山へのモノレール設置が4億6千万かかることを考えれば、できない政策ではありません。

 県に制度化を求める署名にも取り組んでいます。ぜひご協力をお願いします。
 

 
カテゴリ:親バカ子育て日記 | 21:40 | comments(0) | - | - | - |
コメント
コメントする