現在の閲覧者数:
<< がれき処理「検討」だけで復興予算86億円の堺市  奈良は大丈夫? | main | くまがしクラブ 設立総会 >>
なけなしのお金を握り、スーパーへ走ったあの夜
 
 ↑日本共産党を代表して連帯の挨拶


 3.13重税反対全国統一行動の奈良集会に参加。郡山・斑鳩民商の会員さんなど、地元でおなじみのみなさんも参加されるなか、連帯のご挨拶をさせていただきました。

 私は、16年前の1997年4月、消費税が5%に増税された費のことを忘れることが出来ません。

 当時私は、新聞配達で学費を稼ぐ新聞奨学生でした。「消費税が上がる前に買いだめをしておこう」と考え、3月31日夕刻、なけなしのお金を握り「打倒消費増税!5%還元セール」でにぎわうスーパーマーケットに走り、たいして買えもしないのに食料品や調味料などを買い物かごいっぱいにつめ、長蛇の列に並んだことを昨日のことのように覚えています。

 きっと多くのみなさんが、同じような体験をしたのではないでしょういか。

 消費税は、所得の少ない人ほど負担が重く、中小零細業者を苦しめる悪魔の税制です。

 きたる参院選と中間地方選挙でなんとしても前進し、暴走する政治をくいとめる決意です、とご挨拶いたしました。
カテゴリ:おいたち | 01:34 | comments(0) | - | - | - |
コメント
コメントする