現在の閲覧者数:
<< 改憲発言相次ぐ―日本未来の党所属議員 | main | 総選挙がおわりました >>
鉄腕アトムにドラえもん−「維新の会」支離滅裂な原子力政策
 橋下代行「2030年までにフェードアウト」(11月29日記者会見)

 石原代表「聞いてない。公約は直させる」(30日党首討論)

 松井幹事長「29日の記者会見が全て、直しません」(1日テレビ番組)



 どないなってるねん、と思っていたら、維新の会の小選挙区候補も、気になっているようです。

 1日にJR新潟駅前で行った街頭演説で、小選挙区候補者は…


同党新潟5区候補者・米山隆一氏

 「橋下代行が来る前にいっちゃいますけど」と前置きし、「私自身はすいません!原子力賛成!」と。

 「30年たったら技術は良くなる。ドラえもんも鉄腕アトムも原子力だ。もう30年かけて世界で一番安全な原子力をつくろう」と強調。

 「フェードアウトだったり、しないといってみたり、どうなってんねんとみなさんも思っているだろう」と国民からの批判を懸念しつつ「私たちはしっかり考えているから、はっきりしないスタンス(立場)になっている」などと、無責任な弁明に終始。

 まじめにやってほしいものです。



 
 ↑本番前、最後の日曜日となった今日、平群町内、斑鳩町内で訴えました
カテゴリ:ウラ話 | 23:30 | comments(0) | - | - | - |
コメント
コメントする