現在の閲覧者数:
<< 地方議員団の合宿in川上村 | main | 9月議会おわる >>
「ツインタワー」そろっての国会報告&要求懇談会

 ↑障害者施設を訪ねる



 ↑新日本婦人の会奈良県本部を訪れる宮本たけし衆院議員


 ↑懇談会の模様

 今日は、さきの衆議院選挙で国会に返り咲きを果たした宮本たけし衆院議員が来県。午後からは山下よしき参院議員も来県しました。
 宮本たけし衆院議員と山下よしき参院議員は、ともに180cmをこえる長身で、かつて民青同盟大阪府委員会の委員長&副委員長だったこともあり、大阪の「ツインタワー」とよばれています。1998年〜2001年までの3年間は、このツインタワーがともに参院議員として活躍していましたが、今回の衆院選で8年ぶりにツインタワーがそびえたつことになりました。→ウィキペディア山下芳生を参考 →同じく宮本岳志を参考

 今朝は台風の影響もあって電車のダイヤが乱れ、10時半からの活動となりました。午前中は社会福祉法人こぶしの会の施設こッからを訪ね、障害者自立支援法訴訟の原告である小山さんらと懇談。小山さんは「紙漉の名刺づくりや豆腐の移動販売等で一生懸命働いているのに、なぜそれに利用料を払わなければならないのかという疑問があったから頑張っている」と近況を報告し「新政権の元、応益負担から応能負担に戻りそうだが、日本共産党は応能負担で是とするのか」とご質問をいただきました。

 宮本たけし衆院議員は「民主党の公約通りいったん応能負担にすべきだと思うが、本来障害者福祉は無償で行うべきもので、それが憲法や国際人権規約の要請するところだ」と述べ、「日本共産党は将来の社会のあるべき姿として、労働が自己実現であり喜びであるような社会を目指しており、みなさんの日々のたたかいと心一つに頑張りたい」と話しました。


 午後からは、新日本婦人の会奈良県本部を訪ねたあと、県文化会館にて国会報告と要求懇談会を開催。山下よしき参議院議員も合流し、各界から様々なご要望をお聞きしました。

 教職員組合からは「正規雇用と同じ仕事をしているのに講師待遇という定数内講師が1000人をこえている。新学期に学級担任が決まらないという事態もうまれた」

 農民連からは「一家4人で働くトマト農家は経費を差し引くと200万円にしかならないにもかかわらず消費税は課税対象となる」

 民青同盟からは「朝7時からよる11まで働く青年は、あと何年働けるのか悩んでいる」

 など、切実な実態が出されました。


 終了後、近鉄奈良駅前で宮本衆院議員・山下参院議員そろっての街頭宣伝をおこなったあと、県議団会議で、来週おこなわっれる決算委員会に臨む論戦を定めました。


ブログランキング・にほんブログ村へ←にほんブログ村へ
にほんブログ村 地域生活ブログ 奈良情報へ←奈良情報ブログへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ←政治家ブログへ
カテゴリ:奮戦記 | 21:29 | comments(0) | - | - | - |
コメント
コメントする