現在の閲覧者数:
熊本地震・震災救援募金に5万円超―ご協力に敬意と感謝を表します。
 熊本地震により、46名の方が犠牲となり2名の方が行方不明(20日現在)、10万人近い方が避難生活を余儀なくされています。

 犠牲となられた方々にお悔やみ申し上げますとともに、被災された皆さんに心からお見舞い申し上げます。

 この1週間、生駒郡地域の各駅頭で救援募金活動に取り組ませていただき、¥51,371のあたたかいご協力をいただきました。

 小学生や中学生が少ないであろうお小遣いの中から協力する姿や、通り過ぎた後に引き返してご協力頂く方、「親類が熊本に居ます」「家族が熊本に仕事に行ってて」などと不安そうにされている方もありました。

 皆様のご協力に、感謝と敬意を表します。お預かりした募金は直接被災自治体に届け、支援に役立てます。

 日本共産党奈良県委員会は、物資を被災地に送る活動を展開しており、現地の受け入れ体制が整い次第、ボランティアの派遣を行う予定です。

 引き続き、被災者支援に全力で取り組みます。



 ↑15日(金)竜田川駅にて


 ↑16日(土)王寺駅にて


 ↑18日(月)平群駅にて


 ↑20日(水)東山駅にて


 ↑21日(木)JR法隆寺駅にて

 
カテゴリ:災害救援 | 08:44 | comments(0) | - | - | - |
鬼怒川水害救援募金
9日〜10日にかけて日本列島を縦断した台風18号に関連する記録的大雨により、各地で水害が広がっています。

栃木県、茨城県に続き宮城県でも大雨特別警報が発令されました。

昨日は、茨城県を流れる鬼怒川が決壊し、甚大な被害がでています。

お亡くなりになった方々のご冥福をお祈りするとともに、被災者の皆さんに心からお見舞い申し上げます。

日本共産党は災害対策本部を設置し、救援活動に全力を挙げています。本日は平群駅頭で救援募金に取り組ませていただきました。急な取り組みではありましたが、10名の方から¥2103の募金が寄せられました。お寄せいただいた募金は被災自治体に直接届け支援に役立てます。





カテゴリ:災害救援 | 10:03 | comments(0) | - | - | - |
福知山市へのボランティア募集

ボランティアを募集します。
 

1100世帯が床上浸水、1200世帯が床下浸水の被害をうけた京都府福知山市へ、清掃活動等のボランティアに行きます。
 

9月5日(金)、午前6時半に平群町西宮の宮本事務所を出発、午後7時に帰着予定です。
 

参加希望の方は9月2日(火)までにご連絡下さい。


連絡先は、


 

宮本次郎事務所:0745−46−3365




【今週の早朝宣伝予定】

1(月) 竜田川駅

2(火) 東山駅

3(水) 元山上口駅

カテゴリ:災害救援 | 22:52 | comments(0) | - | - | - |
広島等豪雨災害救援へのご協力、ありがとうございます。
 広島市北部を襲った豪雨災害。広島県警によると、24日朝の時点で死者49名にのぼり、依然41名と連絡が取れないとのことです。
 犠牲となられた方々のご冥福をお祈りいたします。また、行方不明となっておられる方々が一刻も早く無事に発見されることを願ってやみません。

 被災地では懸命な捜査活動とボランティアによる土砂や瓦礫の撤去作業が行われています。

 23日(土)夕刻、王寺駅で救援募金に取り組んだところ、1時間の間に1万8745円の募金をお寄せいただきました。ご協力、ありがとうございました。

 ドロかきボランティア用のタオルは「集落を回って集めた」という方もおられ、大きなダンボール8箱以上もお寄せいただきました。日本共産党奈良県委員会はまず第1回目として、24日早朝に福知山市にボランティアを送り、タオルや物資も届けました。今後、継続的にボランティア派遣を行いますので、引き続くご支援をお願いいたします。



 現地のスタッフから届いた福知山市の被害状況


 ↑同じく、福知山市の現状です


 ↑王寺駅北口では1時間で1万8745円の募金が寄せられました。


 ↑生駒郡、北葛城郡の党町議、党後援会のみなさんと。


 ↑我が家の小学生たちも、タオルの箱詰めを手伝ってくれました。
カテゴリ:災害救援 | 09:38 | comments(0) | - | - | - |
広島市北部豪雨災害への救援にご協力を

 ↑今朝の宣伝では、高校生を含む10名の方が募金に協力して下さりました。



 19日夜から20日未明にかけて広島市内で記録的な豪雨が降り、北部で土砂崩れが相次ぎました。広島県警によると、22日午前時点で、39人が犠牲となり、52名が行方不明の状態です。

 犠牲となられたみなさんのご冥福を心よりお祈りすると同時に、行方が分からない方々の無事が確認されることを願ってやみません。

 土砂災害としては近年例を見ない規模の被害で、救援活動が求められています。

 日本共産党は当面の活動を調整し、救援募金とボランティア派遣に取り組みます。24日(日)早朝には、先週の豪雨災害の後片付けボランティアをまず派遣いたしますが、今後、広島市北部へのボランティア派遣も必要になります。

 みなさんのご協力をお願いいたします。

 広島市では、22日午後の時点で、避難指示が1408世帯3474人に、避難勧告が6万9000世帯16万4000人に出されています。

 17の避難所に2200人が避難しており、今後増える見通しです。今もなお断続的に豪雨が続いているとのことで、予断を許しません。無事を願うばかりです。

 
カテゴリ:災害救援 | 16:38 | comments(0) | - | - | - |
| 1/1PAGES |