現在の閲覧者数:
浸水被害が起こらない抜本対策の推進を

 

大和川の増水対策―党地方議員団が聞き取り調査と申し入れ

 

 生駒郡・北葛城郡・大和高田市の日本共産党地方議員団で、国土交通省近畿地方整備局大和川工事事務所を訪れ、さきの台風21号災害の被災状況のとりまとめを伺うとともに、浸水対策の進捗状況について聞き取り調査を行いました。

 

 

台風21号襲来前からの長雨で、昭和57年王寺大水害時を上回る水位に

 

 台風21号が近畿地方を通過する10月22日のおよそ1週間前から滞留する前線によって連続的な降雨があり、大和川の水位は10月23日0時前後にピークに達しました。この時、奈良県北西部の大和川水位観測所(王寺、河合、板東、保田、番条)では、いずれも昭和57年の王寺大水害時を上回る水位を記録しています。大和川の堤防決壊という事態は免れましたが、支流となっている河川が溢水する内水被害が発生し、三郷町・斑鳩町・安堵町で119件の床上・床下浸水被害がありました。

 

 

5ヵ所の遊水地計画で36cmの水位低下―来年度から用地買収と着工

 

 国土交通省は2013年に大和川水系河川整備計画を策定し、大和川の中上流地域5ヵ所(“暖慶三代川地区、斑鳩町目安地区、0妥板窪田地区、だ鄒渉保田地区、ダ鄒渉唐院地区)に総計100万㎥の遊水地を計画しています。遊水地とは、日頃は公園や広場として使用しながら大雨時に一旦水をため込む機能を持った施設のことです。

 現在は用地買収に向けた住民説明会がなされており、このうち0妥板窪田地区、だ鄒渉保田地区については概ね合意形成に至ったことから、早ければ2018年度に用地買収、2019年度に着工し、窪田地区は平成38年度、保田地区は33年度の完成を目指すとのことです。5つの遊水地がすべて完成すれば、増水時に水位を36cm下げる効果があります。

 

 

地元負担となることがないように丁寧な推進を

 

 党議員団は遊水地計画の推進に向け、地方自治体や地元住民への丁寧な説明を求めると共に、完成後の維持管理について、地元自治体や住民の負担となることがないよう、国と県の財政支援の枠組みを示すよう申し入れました。担当者は「急がば回れという言葉があるように、丁寧にすすめることが着実な豪雨対策につながると認識している」と述べました。

カテゴリ:三郷町 | 15:45 | comments(0) | - | - | - |
三郷町にテレワーク(=場所にとらわれない働き方)拠点

 

 

 情報通信技術を活用した時間や場所にとらわれない働き方「テレワーク」の推進拠点として、JR三郷駅前に「奈良サテライトオフィス35(さんごう)」がオープンしました。

 

 同オフィスは利用者が減っていた駅前駐輪場の3階部分約440屬魏修し開設。施設内にはテレビ会議ができる会議室2室や事務室3室のほか、間仕切りのあるブース6室(1人用4室、2人用2室)とコワーキング(COWORKING)スペース=個人用事務スペース34席が確保され、大阪など都市部の事業所に勤める人が週に数回同オフィスで仕事をしたり、起業の拠点として活用するなど幅広い使用を想定しています。

 
 開所時間は午前8時半から午後8時半まで。日曜・祝日・年末年始定休。施設利用料は来年3月31日までは無料。利用には会員登録が必要です。連絡先:0743−74−2102

 

カテゴリ:三郷町 | 09:27 | comments(0) | - | - | - |
西和医療センター分娩再開から1年4ヶ月―利用は低調

 

 

 今から10年前(平成18年)、妊産婦を巡る悲劇があいつぎ、お産の体制が不十分である実態がクローズアップされました。西和医療センター(旧:県立三室病院)も同様に体制の強化ができず、産科医師不足等の理由により、平成21年春に分娩の取り扱いが中止されました。

 
 しかしその後、地域住民の間で、安心して子どもを産めるような環境を求める声が強まり、議会でも繰り返し議論されました。ようやく平成27年春、1億6000万円をかけて施設を再整備し、3名の産科医を確保してお産の取り扱いが再開。現在は医師4名体制で出産をサポートしています。

 

 ところが、分娩再開のニュースはあまり知られていないのか、閉鎖される前の19年度201件、20年度146件という分娩数に比べ、27年度は61件と低調に終わりました。


 これを受けた同センターは「里帰り出産歓迎」「立ち会い出産可能」と宣伝し、各町の広報に産科利用促進の記事を掲載。「陣痛・分娩・回復室が一体となり、トイレ・シャワーもある個室」「アメニティーグッズが充実」「新生児の足型と写真をプレゼント」とPRしています。

 

 住民の願いが届いて再整備された施設です。みなさんの身近でお産を予定されている方があれば、ぜひ西和医療センターをご利用下さい。

カテゴリ:三郷町 | 14:03 | comments(0) | - | - | - |
あわや大惨事の交通事故―安全対策を考える

 ↑あと10分遅ければ、通学時間にさしかかるところでした。


 ↑横から追突を受けはじき飛ばされた乗用車。運転者は怪我で搬送
 されましたが、歩行者が巻き込まれなかったのは不幸中の幸いか。


 6月1日午前7時半過ぎ、三郷町東信貴ヶ丘の住宅街の中の交差点で、乗用車2台が出会い頭に衝突し、1台が横転し天井部分が歩道柵に激突する事故がありました。ここは三郷北小学校の児童の通学路であり、もうあと10分後にこの事故が起こっていたならば、通学中の児童が巻き込まれる大惨事になる所でした。また、三郷町が通学の安全対策として、街路樹を撤去し、歩道柵を設置していた箇所でもあり、この対策がなければ、歩行者が巻き込まれていたかも知れません。

 事故をおこした自動車の運転手は通勤途中で、渋滞していた県道椿井王寺線の通行を避けようと、1本西側の住宅街の道路を北へ向かっていました。一旦停止の規制を無視して交差点に進入し、西方面へ走っていた自動車に衝突したという事故でした。私も一報を受けて駆けつけ、事故処理に立ち会いましたが、事故を目撃された方は「自動車があんなに簡単に飛ばされるのかと驚いた。もし通学中の子ども達が巻き込まれていたらと思うと、恐怖心で震えが止まらなかった。」と話しておられました。

 おおもとにある問題は、県道椿井王寺線の拡幅事業がなかなか進まないことです。現在のところ、用地買収の進捗は81件中40件、交渉中が19件、未着手が22件とのことです。6月議会で、県土マネジメント部長に取り組みをただしたいと思います。あわせて、住宅街の生活道路への自動車通り抜け対策も、県警に求めて参りたいと思います。
カテゴリ:三郷町 | 12:27 | comments(0) | - | - | - |
「強い者を応援する安倍政治はダメ」―三郷町新成人会場にて






 10日(日)、三郷町成人式会場にて、新成人の皆さんとアンケートで対話しました。

 カラフルな紋付き袴姿の新成人は「必ず選挙に行く」「消費税増税はダメ。軍事面とかも、安倍さんは強い者を応援する政治で、それではダメだと思う。」と話していました。

 スーツ姿のグループは「おい、みんなアンケート書けよ」「(書いたら)政治にとりあげてもらえるぞ」と呼びかけてくれる青年があり、小さな懇談会になりました。

 そのほかに、高すぎる学費の問題、戦争法の事、原発、就職活動の苦労など、様々な問題で対話が弾みました。

 
カテゴリ:三郷町 | 21:31 | comments(0) | - | - | - |
三郷町後援会―議会報告会


 三郷町後援会主催の議会報告会に参加しました。

 高級ホテル誘致のための土台となる「まちづくり」に公費を220億円をつぎ込む問題や、1月末に平城宮跡でおこなうイベント「大立山まつり」に2億円が投じられる問題について報告しました。また、防災拠点整備と消防学校建て替えにが急務であるのに、知事が自衛隊駐屯地を併設する「3点セット」にこだわる(防衛省は一貫して『国防の観点から立地は困難』としている)あまり、整備が遅れている問題についても報告しました。


 
カテゴリ:三郷町 | 00:06 | comments(0) | - | - | - |
心臓やぶりの坂〜三郷町ふれあいマラソン〜


三郷町ふれあいマラソン大会に参加。

4回目の大会でしたが、森町長に熱心にお誘いいただき、今回初めて走ることに。

男子一般3舛忙臆辰靴燭里任垢、城山台のキツーい坂をひたすら登るコースです(涙)。

125人中88位、16分30秒という結果でした。


ちなみに小2の長男は、所属している野球チーム「信貴レッズ」のメンバーと共に小学校低学年の部3舛忙臆叩

70名中38位という結果でしたが、タイムはちょうど16分30秒!

一緒に走っていたら確実に負けていましたね(汗)。

来年は必ず鍛えて、15分台をめざします!

 
カテゴリ:三郷町 | 21:30 | comments(0) | - | - | - |
猛追も惜敗―三郷町議補選
本日投開票された三郷町議補選(定数1)は、日本共産党の南まき候補が猛追したものの、競り負けてしまいました。

南まき(日本共産党・新) 2054
佐野えいじ(無所属・元) 2476

勢野北部開発の破綻に伴う公費投入問題、いまだに続く不公正な同和行政問題などで頑張る日本共産党が現有3から4議席に増やし(定数は13)、議会招集権議案提案権を獲得するかどうかが注目されました。また、南まき候補は「安倍内閣の暴走STOPへ、日本共産党に力を」と訴えました。

当選した元職は、7年前の県議選で落選したものの三郷町では2600票を獲得し1位、4年前の町長選挙でも日本共産党推薦候補を上回る得票を得ている方です。

南まき候補は立候補表明から1ヶ月という短い期間でしたが、精力的に街頭演説をこなし、奮闘しました。

南まき候補は、開票集会で集まった支援者らに「私の力不足で議席に及ばず申し訳ありません。来春のいっせい地方選では必勝ち抜けるよう頑張ります。」と力強くあいさつ。支援者からは「1ヶ月でここまで肉薄できたのは候補者の魅力によるもの。次こそは必ず勝てるよう頑張りたい」と激励の言葉が相次ぎました。









 
カテゴリ:三郷町 | 23:22 | comments(0) | - | - | - |
三郷町議補選に元舞台俳優の南まき氏(43歳)
日本共産党は5月20日(火)告示でおこなわれる三郷町議会補欠選挙(欠員1)に、元舞台俳優で学童保育指導員の南まき氏(43歳)を擁立します。

南さんは奈良市出身。両親とも教師という家庭で生まれ育ち、大阪音大短期大学部で声楽を学んだ後、大阪の劇団や東京のプロダクションに所属し、舞台俳優やテレビなどで活躍しました。

その後、病気で倒れた母親を介護するために奈良に戻り、大阪市や奈良県三郷町で学童保育指導員として働きました。母親を看取る中で、弱者に冷たい政治を変えたいと思うようになり日本共産党に入党しました。

今、末期がんで闘病中の父親も応援して下さっているとのことで、誰もが人間らしく活躍できる社会の実現へ、「今度は政治の舞台へ」と日夜頑張っています。

ぜひみなさんのご支援をお願いします。



カテゴリ:三郷町 | 08:43 | comments(0) | - | - | - |
どうなる?県立三室病院 4月から「西和医療センター」に

 「三室病院が建て替えられるらしいけど、どうなるの?」
 「お産ができるようになるの?」
 「診療科が減るという噂があるけど、どうなの?」

 県立三室病院について、様々な問い合わせをいただきます。県立三室病院は、地元住民の運動により昭和54年4月、現在地に7診療科、200床の県立病院として産声を上げました。その後、人口増加と多様な医療ニーズに応えて昭和62年4月に12診療科、300床の総合病院として再整備。さらにその後、心臓血管外科、循環器内科、消化器内科が順次増設されるなど地域の中核病院として発展してきた歴史があります。

 今年4月から、独立採算と効率化を狙った独立行政法人化により「奈良県立病院機構」が発足し、県立2病院と県リハビリテーションセンターを経営することとなります。奈良病院は「総合医療センター」として現在の奈良市平松から六条山地区に移転し、24時間受け入れを断らない病院として平成29年春に開院予定です。三室病院は「西和医療センター」と名称を改め、今後、建て替え問題を含めた具体的な整備方針が検討されます。今議会でおおまかな中間目標が示されますが、詳細は明らかになっていません。

 法人の新しい取組みとして、^緡点賁膺Χ軌藐修センターの設置による外国人医療従事者の受け入れ、王寺駅前にサテライト診療所の開設、C算間勤務制の導入、などが掲げられています。三室病院の附属看護学校は奈良病院の看護学校と統合されることになり、現在地に増築される予定ですが、定員は現在のままです。新設される総合医療センターには多くのスタッフが必要であり、看護師確保ができるのかどうか心配です。高齢化がすすむ西和地域において、新しく整備される西和医療センターには、民間医療機関や介護施設との連携など多くの機能が要求されます。医療従事者が生き生きと働くことができ、地域住民の願いにこたえられる中核的な医療機関として整備されるよう、運動を広げることが必要です。



 ↑今後の動向が注目される三室病院

カテゴリ:三郷町 | 19:51 | comments(0) | - | - | - |
| 1/11PAGES | >>