現在の閲覧者数:
2年連続…産業廃棄物最終処分場で大規模不審火
 1月23日未明、御所市の丸山土木が所有する産廃処分場で大規模な火災が発生しました。4日間燃え続け、消防車両延べ100台、消防署員延べ308名(2月16日現在)が出動する事態となり、三重県の防災ヘリが出動して550箸凌紊鬘隠飢鵑砲錣燭辰栃水するなどし、その様子はテレビや新聞でも衝撃的に報道されました。

 2月16日、党県議団は党御所市議団とともに現地を調査しました。火災から3週間以上経っているにもかかわらず、現場では鼻をつくような化学刺激臭がたちこめ、所々で水蒸気があがっており、重機で作業が行われていました。産業廃棄物とみられるものが、うずたかく積み上げられており、圧迫感を感じました。

 御所消防署で話をうかがうと、消火活動は困難を極め、相当な苦労があったと説明を受けました。燃えた廃プラから出る有毒ガス。次々と崩れる危険な足場。水をかけると固まる特性を持った化学物質により、いくら放水しても火元まで水が浸透しません。けが人を出さずに鎮火できたのは、署員の皆さんの日頃の訓練活動のたまものです。

 同施設では、2004年12月18日にも同様の火災が発生しています。そのときは、丸山土木から改善計画が提出され、火災発生から19日後に埋め立てが再開されています。それが1年1ヶ月でまた今回の火災です。火災の原因を明らかにし、今後、繰り返さないようにすることが不可欠です。

 現地では、火災発生前から刺激臭、景観、汚水に対する苦情が党市議団に寄せられていました。監督処分庁である県の対応が求められます。





カテゴリ:ウラ話 | 22:32 | comments(0) | - | - | - |
「現代の奴隷」解消を―コンビニ店主と懇談



「経営は火の車、深夜のバイトを確保できず、店長は24時間勤務」

「大量の商品廃棄と自爆買いの連続で、精神を病んでしまった」


 いま、コンビニ会計という本部だけが儲かる仕組みのもと、コンビニ経営者の間に「現代の奴隷」ともいえる深刻な実態が広がっています。
 日本共産党奈良県議団・地方議員団は、コンビニ加盟店ユニオンと意見交換会を開催。奈良、京都、大阪、兵庫、和歌山、滋賀、岡山など近畿周辺各地からコンビニ加盟店のみなさんにご参加いただき、総勢51名での懇談会となりました。



大量廃棄、自爆買いを招く「コンビニ会計」

 「近くて便利」というコマーシャルのもと、コンビニ店は奈良県内に374店舗(今年2月時点)広がっていますが、その内実は深刻です。
 コンビニ・フランチャイズ(FC)のオーナーは初めに、FC本部との契約により、店舗の経営権そのものを購入します。このときに、実態とかけ離れた売り上げ予測が示されたり、従業員給与などの経費を低く見積もるなどの問題があります。また、売り上げ利益に定められた率を乗じて計算し本部に納めるチャージ(ロイヤルティー)料は、廃棄商品や棚卸しロスよる損失も含めて計算されるため、消費期限切れによる廃棄や万引きによる損失がいくら増えても本部は損しない仕組みになっています。
 コンビニは「全ての商品が揃っている」ということが重視されるため、売れそうにない商品も大量に仕入れることを強要されます。さらに、消費期限が迫った商品を「見切り品」として値引き販売することは禁じているため、大量に廃棄することを迫られます。その結果、FCオーナーが人件費を切り詰め夫婦で夜通し店番をしたり、アルバイト店員が商品を大量購入する「自爆買い」を余儀なくされるなど、深刻の度合いを強めています。



穀田衆院議員の質問に、経産大臣「是正させる」と答弁

 日本共産党の穀田恵二衆院議員は昨年、衆院予算委員会でこの問題を取り上げました。穀田議員はコンビニ1店舗から年間の食品廃棄が4.7トンにのぼる実態を示し、その背景に「コンビニ会計」と言われる本部だけが儲かって加盟店に廃棄ロスを押しつける仕組みがあることを指摘しました。さらに、本部が「廃棄額が少ない、売れなくても発注して棄てて下さい」とか「お客さんが豊富な商品から選べるように」とし、オーナー側が受け入れなければ再契約拒否の脅しまで駆けている実態を告発しました。
 経済産業大臣が答弁に立ち「廃棄量は率直に言って多いと思う」「コンビニ会計が廃棄の要員、ということについての因果関係があるのなら、きちんと是正させる」と述べました。



オーナー保護のための「FC基本法」の制定を

 今、コンビニエンスストアの業務は、現金の振り込み、徴税の代行、住民票発行、チケット販売、年賀状印刷、店内調理、災害対応など、日増しに複雑化しています。ユニオンの皆さんは「コンビニ店が本当に地域貢献するには、本部に利益を吸い上げるのではなく、加盟店が税金を払える儲けがあって、人間らしく働ける雇用を生み出せるようにすることではないか」と訴えましたが、そのとおりです。
 大きな問題は、FCオーナーを保護するための基本法が制定されていないことです。中小小売商業振興法や独占禁止法などがありますが、FC契約については、本部の加盟店に対する様々な優越的地位の濫用について加盟店を保護する観点がありません。
 アメリカやEU諸国では、FCに対する規制法が存在し、適正に運用されています。韓国でも、店舗と店舗の距離を厳格に定める法律があり、過度な競争を規制しています。日本においても、FCにおける弱者の保護を目的としたFC法制定が必要です。

 
カテゴリ:ウラ話 | 23:17 | comments(0) | - | - | - |
東京夢の島へ
 11月1日、2日は、中央赤旗まつりに参加するため、東京・夢の島へ。2日目の午後には、中央ステージで来春のいっせい地方選挙候補者として紹介されました。

 初日がどしゃぶりの雨でしたので、全部回ることができませんでしたが、充実した2日間でした。



 ↑青年のつどい、20代、30代の候補者が元気!!


 ↑八代亜紀さんのコンサート。新曲「心つなぐ10円玉」は、卒業に際し先生から生徒へ「辛いことがあったらこれで電話してきなさい」と10円玉を渡されたエピソードを歌ったもので、話題に。


 ↑我が家の子どもたちは、大書籍市に大満足。


 ↑うたごえの店で弾き語りのきたがわてつさん。


 ↑全都道府県の物産展が楽しめるのは赤旗まつりだけ。家族でサトウキビをかじる。


 ↑奈良のお店は、奈良漬け、柿の葉寿司、梅干し、靴下などを販売。売り上げは3日間で500万円超。



 
カテゴリ:ウラ話 | 22:16 | comments(0) | - | - | - |
がれき処理「検討」だけで復興予算86億円の堺市  奈良は大丈夫?


 東日本大震災で発生したがれきを受け入れない堺市が、復興予算約86億円をごみ処理施設の新設費などとして受け取ることが判明し、ニュースになっています。

 「奈良県内の自治体は大丈夫か」と問い合わせがありました。

 86億円と言えば、平群町、三郷町、斑鳩町の年間予算にも匹敵するだけに、当然の声です。


 がれきの広域処理を強引にすすめようとした環境省が、受け入れを検討する自治体が焼却施設を新設または大規模改修する際に、復興予算の交付を決めたことが原因のようです。

 堺市は大阪湾の臨海部に建設総額約182億円のごみ処理施設を整備中で、今年4月に供用開始を予定しています。
 市は昨年1月、この施設の建設事業費と老朽化している東区のごみ処理施設の改修事業費のうち、約86億円分を平成24年度の国の交付金対象事業と位置付けました。国の交付率に基づき約40億円を要望し、残る約46億円分を地元で負担する予定でした。

  しかし国は同4月、「堺市はがれき処理を検討している」として、市が求めていた通常枠の交付金ではなく、新たに設けた復旧・復興枠などでの措置を市に打診。約40億円に加え、地元負担の約46億円分も復興予算で交付する枠組みを示しました。


堺市、内部で紛糾「義援金に回せ」「ありがたく頂戴…」

 市はがれき受け入れを決定していませんでしたが、国が「検討レベルでも交付条件に当てはまり、結果的に受け入れることができなかった場合でも返還を求めない」としたため、交付を申請。同6月にがれきの全体量が判明し市が受け入れなくても対応できることになりましたが、手続きは進行。同10月に交付が決まったようです。

 開会中の定例市議会では「一部を被災地への義援金とするべきでは」「道義的におかしい」と異論が浮上しましたが、竹山修身市長は「財源の確保は首長の責務。ありがたくいただきたい」と答弁しました。

 本日、県の廃棄物対策課に問い合わせたところ、がれき処理を検討しただけで同様に復興予算を受け取る自治体は堺市のほか、約36億円が交付された埼玉県川口市など6市町3組合ありますが、奈良県内の自治体ではない、とのことでした。

カテゴリ:ウラ話 | 23:35 | comments(0) | - | - | - |
放射性物質が大阪から飛来する
 
 ↑11月29日と30日の実験焼却で、急激に数値があがった。


 2月1日から、大阪市が「受け入れ震災がれき」の本焼却を舞洲焼却場で開始します。

 すでに800トンが搬入されているとのことで、本日、日本共産党奈良県議団として県に要望書を提出しました。

ヾ超省が奈良県で観測している大気汚染データの公表。
県としての独自の調査。
0汰瓦確認されていない焼却は中止するよう大阪府・大阪市に要望する。

の3点です。

 内容は以下の通りです。



奈良県知事   荒井 正吾 殿 

暮らし創造部長 影山  清 殿

 

大阪市、大阪府のがれき処理に関する要望書

 

                           2013年 1月31日

         日本共産党奈良県会議員団

県会議員 山村さちほ

県会議員 今井 光子

県会議員 宮本 次郎

県会議員 小林てるよ

県会議員 太田  敦

 

 

2月1日から大阪市の震災がれきの本焼却が舞洲焼却場で始まろうとしています。すでに800トンが搬入されています。昨年11月29日30日に試験焼却が実施されていますが大阪とその周辺で大気汚染が報告されています。

奈良県においての影響は、環境省の大気汚染物質広域監視システム「そらまめ君」のデーターが、国の測定器械のため環境省の許可がないと公表されないとのことでその影響も未確認です。

試験焼却は一般ゴミ400鼎紡个掘屬れき」100鼎鮑ぜ2日間かけて焼却しましたが予定されている本焼却が始まれば1日100鼎13ヶ月もの間毎日燃やし続けることになります。

三重県では、受け入れを決めていた岩手県、宮城県の災害廃棄物について、処理先のめどがついたとのことで中止が表明されました。

瓦礫焼却は十分な情報公開と安全、住民合意が必要です。

大阪に隣接し、焼却の影響が大きい奈良県として以下のことを要望します。

 

1,     環境省の大気汚染のデーターの公表を早急に行うよう国に求めてください。

国が瓦礫受け入れをしやすくするために環境基準をこれまでの100ベクレルから8000ベクレルまで緩和をおこないましたが、埋め立て基準であり焼却基準は定めていません。

2、 奈良県独自でも観測体制を整備してください。

3. 安全が確認されていない大阪府・市の瓦礫焼却処理をやめるよう奈良県 から申し入れてください。

                 以 上

カテゴリ:ウラ話 | 23:27 | comments(0) | - | - | - |
聴衆は「テレビカメラ」―公示日の異様な光景
 公示日の光景は異様でした。
 
 私たちは前日までに、自民党・民主党・未来の党の各陣営とも調整し、出発式が他陣営とかち合わないことを確認(維新の会は連絡がつかず、東生駒駅近くの選挙事務所で行うとの情報を関係者から得る)し、9時半に生駒駅北口ロータリーにて出発式を設定しました。
 
 当日、同場所には未明から1台の車が放置されており、翌朝8時すぎに懇意にしている新聞記者から「維新の出発式は急遽生駒駅北口に変更との情報」と連絡が入り現場に駆けつけ、初めてその車両が維新の会の「場所取り」に派遣された車であることを知りました。

 ところが時間になっても「維新」の候補者は姿を見せず聴衆もゼロ、なのに大手民放局のテレビカメラがズラリと並びます。私たちは仕方なく南口に場所を移し、駆けつけた約130人の中野候補支援者の皆さんにも場所を移動していただき、出発式を行いました。私たちとともに移動したマスコミは奈良テレビと奈良新聞だけでした。
 
 「維新」の候補者が現れたのは私たちが出発式を終えた10時10分過ぎ。まさに「テレビカメラにむかって」演説をしていたのです。
カテゴリ:ウラ話 | 17:10 | comments(2) | - | - | - |
鉄腕アトムにドラえもん−「維新の会」支離滅裂な原子力政策
 橋下代行「2030年までにフェードアウト」(11月29日記者会見)

 石原代表「聞いてない。公約は直させる」(30日党首討論)

 松井幹事長「29日の記者会見が全て、直しません」(1日テレビ番組)



 どないなってるねん、と思っていたら、維新の会の小選挙区候補も、気になっているようです。

 1日にJR新潟駅前で行った街頭演説で、小選挙区候補者は…


同党新潟5区候補者・米山隆一氏

 「橋下代行が来る前にいっちゃいますけど」と前置きし、「私自身はすいません!原子力賛成!」と。

 「30年たったら技術は良くなる。ドラえもんも鉄腕アトムも原子力だ。もう30年かけて世界で一番安全な原子力をつくろう」と強調。

 「フェードアウトだったり、しないといってみたり、どうなってんねんとみなさんも思っているだろう」と国民からの批判を懸念しつつ「私たちはしっかり考えているから、はっきりしないスタンス(立場)になっている」などと、無責任な弁明に終始。

 まじめにやってほしいものです。



 
 ↑本番前、最後の日曜日となった今日、平群町内、斑鳩町内で訴えました
カテゴリ:ウラ話 | 23:30 | comments(0) | - | - | - |
改憲発言相次ぐ―日本未来の党所属議員
 日本未来の党の所属議員から改憲発言が相次いでいます。

 同党の東祥三前衆院議員は1日のBS朝日のテレビ番組で、戦力不保持を定めた憲法9条2項の改定について「海外に行けば自衛隊は軍隊だ。自衛隊を認めるならば、わかりやすくしたほうがいい」「自衛隊が軍隊であることを明記すればいい」と明文改憲を認める発言をしました。

 東氏は「国際平和と自衛のために国軍を持つ。これはネーミングの話ではない。2項の意味は、侵略戦争はいけないといっている。ただそれだけだ」と、海外での武力行使を容認するために改憲するという姿勢を示しました。これは、自民党の「国防軍」創設論と同じです。

 また、未来の党の松崎哲久前衆院議員は30日深夜のテレビ朝日系「朝まで生テレビ」で、海外での武力行使に道を開く集団的自衛権の行使について言及しました。中国と台湾で戦争が起こり、駆けつけた米軍が中国から攻撃された場合について、「もちろん反撃できるようにしなければいけない」と発言。「その方法が憲法解釈の変更ではなく、自民党がいうように改憲ではなくて、立法で安全保障基本法という法制でやる。いろいろな事態に想定できるような法律を事前につくっておく」と述べました。

 松崎氏の発言に対して、精神科医の香山リカ氏が「反撃、攻撃するときには必ず死者が出るし、相手を殺害する。そのことが、現行憲法のもとでなし崩しに許されて、憲法改正しないまま骨抜きになっていくことはとても危険だ」と批判すると、松崎氏は「なし崩しにならないように法律で決める」と述べました。

 松崎氏の主張は「憲法解釈の変更を認めない」としていますが、憲法の許さない集団的自衛権を立法で可能にし、その法律にあわせて内閣の憲法解釈を変更させることを目指すもので、結局、憲法解釈の変更です。実質的な9条改悪です。自民党がまとめている「国家安全保障基本法案」による立法・解釈改憲の構想と同じです。


カテゴリ:ウラ話 | 23:06 | comments(1) | - | - | - |
日本未来の党−産みの親は小沢一郎氏

 日本未来の党の嘉田由紀子滋賀県知事は29日、フジテレビ「とくダネ!」に出演し、新党結成は「国民の生活が第一」の小沢一郎代表からの働きかけによるものであり、小沢代表と結党前に3回会談していたことを明らかにしました。

 嘉田氏は結党のきっかけについて「知事会で達増岩手県知事(生活所属)と親しいので、9月末にアプローチがありました」と述べ、小沢氏と10、11月にかけて会い、3回目は11月24日だったと話しました。

 「卒原発」が注目されている同党ですが、外交施策については集団的自衛権(日本が攻められてもいないのにアメリカの戦争に伴い武力行使をする)を認めるなど、小沢氏の「国民の生活が第一」の施策を丸呑みする形となっています。
カテゴリ:ウラ話 | 22:37 | comments(0) | - | - | - |
無謀な戦争をやめろと大喝した松本元一郎さん(東吉野村)の墓参
 
 ↑初めて墓参することができました


 ↑「元一郎さんは正しかった…」村人の記憶に深く刻まれていたことに感動しました

 治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟(略称:国賠同盟)奈良県青年部の企画で、戦前に「無謀な戦争をやめろ」と大喝し逮捕投獄された松本元一郎さんの墓参をおこないました。

 松本元一郎さんは1944年春、東吉野村の小(おむら)字の通称「へり道」のコンクリート上に「負け戦争(いくさ)するなバカヤラウ」と書き出したことで逮捕され、約1年半奈良刑務所に投獄されました。村の人たちが「松本さんを釈放せよ」と嘆願しますが、大宇陀書はこれをうけず、終戦まで釈放しませんでした。元一郎さんは「おれは何も悪いことはしていない」と言い切ったと伝えられています。また元一郎さんは女性の権利向上のため、産児制限(避妊)や女子教育の重要性を村人に説いたと言われています。

 この日、青年同盟員は議会などで欠席が多く、あいにく青年部長の私と、事務局長の谷川さんの2名の参加となりましたが、日本共産党東吉野村支部長の久里幸夫さん、4区予定候補の山たよさん、国賠同盟県本部から、田辺実会長、加藤伸之事務局長、東吉野村出身で林業研究家の谷彌兵衛さんがご参加下さいました。

 現地では、松本元一郎さんの孫にあたる西上桂子さん、甥にあたる松本喜八郎さん、元日本共産党村議の桝本實雄さんが迎えて下さりました。

 皆さんは、当時の様子を「B29が上空を飛び、阪神方面に空爆に行く様子が恐ろしかった」「学校では軍事教練がおこなわれ、何人もの青年が赤紙で出征していた」「英霊として帰ってきた人たちは骨も残っていなかった」などと語られ、奈良県の山奥の村でも徹底した軍国主義教育が浸透していた様子がうかがえました。

 松本元一郎さんのことが調査され始めたのは2010年のことです。もう70年近い昔のことなので、現場を見たという人はほとんど亡くなっており、当時少年や子どもだった人たちが証言しました。それでも、元一郎さんの勇気ある行動は、子ども心に衝撃的だったのか、鮮明な記憶として語られたそうです。
 また、林業家・材木商人で、村の助役までつとめた元一郎さんは、研究熱心な性格と、お酒好き、剛直な人柄、村の発展のために尽くす姿勢で多くの人に慕われており、多くの人の記憶に残っていました。

 現在、谷彌兵衛さんが調査記録をまとめて執筆されているので、完成を心待ちにしています。


にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ←今日のランキングは・・・
カテゴリ:ウラ話 | 10:03 | comments(0) | - | - | - |
| 1/9PAGES | >>