現在の閲覧者数:
なけなしのお金を握り走ったあの日−消費税増税に厳しく抗議

 ↑今井県議らと訴えました


 ↑列をなして署名する光景も


 1997年3月31日、決して忘れられない日です。そう、消費税5%増税の前日です。当時私は、奈良教育大学の新4回生、学生寮に住んでいました。

 新聞配達で学費と生活費を得る新聞奨学生でしたので、毎日のおかずはもやしと納豆。食費はギリギリまで切り詰める生活。配達コース途中で農家の人にいただく玉ねぎとじゃがいもが相棒でした。

 あの日の夕方。なけなしのお金を握りしめ、「消費税還元セール」で賑わうスーパーマーケットに走り、たいして買えもしないくせに、調味料や保存の利く食品などをカゴいっぱいに詰め、長蛇のレジの列に並びました。悔しいやら、情けないやら。あの日のことは、決して忘れません。

 あれから17年。毎年3月31日には必ず「消費税は、所得の少ない人ほど負担が重い、不公平税制です」と訴えてきました。「消費税5%への増税後、経済が冷え込み所得税や住民税は減収となり、政府が行った法人税減税とあいまって、日本の税収は減り続けています。」「財政再建にもならず、福祉の充実にも結びつかない。結局、大企業減税の穴埋めにしかならない消費税増税は、ゼッタイに許せません。」と訴えてきました。

 2014年の3月31日も、ゼッタイに忘れません。

 あと2年間、国政選挙がありません。非道い政治に対する怒りを、パンパンにふくらませて、来春のいっせい地方選挙で爆発させましょう!日本共産党の大躍進で、増税を決めた「自民・公明・民主の3党合意」に、厳しい審判を下しましょう!!
 
カテゴリ:おいたち | 22:21 | comments(0) | - | - | - |
なけなしのお金を握り、スーパーへ走ったあの夜
 
 ↑日本共産党を代表して連帯の挨拶


 3.13重税反対全国統一行動の奈良集会に参加。郡山・斑鳩民商の会員さんなど、地元でおなじみのみなさんも参加されるなか、連帯のご挨拶をさせていただきました。

 私は、16年前の1997年4月、消費税が5%に増税された費のことを忘れることが出来ません。

 当時私は、新聞配達で学費を稼ぐ新聞奨学生でした。「消費税が上がる前に買いだめをしておこう」と考え、3月31日夕刻、なけなしのお金を握り「打倒消費増税!5%還元セール」でにぎわうスーパーマーケットに走り、たいして買えもしないのに食料品や調味料などを買い物かごいっぱいにつめ、長蛇の列に並んだことを昨日のことのように覚えています。

 きっと多くのみなさんが、同じような体験をしたのではないでしょういか。

 消費税は、所得の少ない人ほど負担が重く、中小零細業者を苦しめる悪魔の税制です。

 きたる参院選と中間地方選挙でなんとしても前進し、暴走する政治をくいとめる決意です、とご挨拶いたしました。
カテゴリ:おいたち | 01:34 | comments(0) | - | - | - |
夕方のスーパーに走ったあの日 わすれまじ3月31日
 
  ↑宣伝カーで各地で訴え


 ↑王寺駅で訴え

 消費税増税法案が閣議決定され、風雲急を告げて参りました。

 本日は宣伝カーで各地から訴えました。

 
「消費税の増税は、冷え込んだ経済をさらに悪化させ、ひいては税収のさらなる落ち込みを招きます。いま日本経済が必要としているのは、雇用を広げ、消費をあたためる改革ではないでしょうか。健全な経済成長を実現してこそ、安定した税金収入が見通せます。」

 「日本共産党は、消費税に頼らない財政再建プランを提案しています。1機100億円もの戦闘機を42機も購入したり、奈良県でも1m2000万円もの高速道路建設など、ムダ使いを見直すべきです。同時に、大企業や資産家へのゆきすぎた減税を改め、負担能力に応じた税制度へ切り替えることを提案しています。」

 短いフレーズで訴えることは、なかなか簡単ではありませんが、頑張りたいと思います。

 消費税で思い出すのが、5%に税率がアップされた97年のことです。当時大学4回生だった私は、
新聞配達で生計を立てる貧乏学生でした。

 値上げされる前夜の3月31日夜、なけなしの貯金を握りしめ、「打倒消費税5%還元セール」でにぎうわうスーパーへ走りました。

 ごった返すお店で、大して買えもしないのに、大量の食料品を買い込んだことを、昨日のことのように思い出します。

 消費税が導入された89年、5%になった97年、誰しも同じような体験があるのではないでしょうか。

 消費税は「所得」や「利益」に対して課せられる所得税や法人税を根本的に違う、「消費」にかけられる税です。生まれたての赤ん坊であっても、寝たきりのお年寄りであっても、「生活している」だけで吸いあげられる税金、最悪の不公平税制です。

 よく「ヨーロッパは10%だから高福祉」と言う人がいますが、ヨーロッパの消費税は食料品や生活必需品には非課税であるため、日本の消費税とは「似て非なるもの」だと言わなければなりません。そもそも日本の場合、消費税を上げても福祉は悪くなるばかりでした。

 こうしたことも、併せて訴えていきたいと思います。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ←今日のランキングは・・・
カテゴリ:おいたち | 22:31 | comments(0) | - | - | - |
なけなしのお金を握りスーパーへ走った夜のこと

 「消費税10%なら、4人家族で16万円増」

 「法人税減税とセットなら、財政再建にもならない」

 「中小業者に大打撃、地域経済が悪化することは許されません」

 「金が足りないと言うのなら、大もうけをあげている大企業・大資産家にこそ求めるべき」



 短いフレーズで、消費税の争点を解明することはなかなか簡単ではありませんが、街頭宣伝に頑張っています。


 消費税で思い出すのが、5%に税率がアップされた97年のことです。当時大学4回生だった私は、新聞配達で生計を立てる貧乏学生でした。

 値上げされる前夜の3月31日夜、なけなしの貯金を握りしめ、「打倒消費税5%還元セール」でにぎうわうスーパーへ走りました。

 ごった返すお店で、大して買えもしないのに、大量の食料品を買い込んだことを、昨日のことのように思い出します。

 消費税が導入された89年、5%になった97年、誰しも同じような体験があるのではないでしょうか。

 消費税は「所得」や「利益」に対して課せられる所得税や法人税を根本的に違う、「消費」にかけられる税です。生まれたての赤ん坊であっても、寝たきりのお年寄りであっても、「生活している」だけで吸いあげられる税金、最悪の不公平税制です。

 よく「ヨーロッパは10%だから高福祉」と言う人がいますが、ヨーロッパの消費税は食料品や生活必需品には非課税であるため、日本の消費税とは「似て非なるもの」だと言わなければなりません。

 そもそも日本の場合、消費税を上げても福祉は悪くなるばかりだったし、今回の各党マニフェストには福祉を充実する公約はほとんどありません。あるのは「法人税率の引き下げ」ですから、何のための消費税増税かは明確です。


にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ←政治家ブログ(都道府県議)ランキングに参加中です。
         みなさんのお力で、猛追しております。
            クリックでご支援願います。
カテゴリ:おいたち | 22:19 | comments(1) | - | - | - |
手持ちのお金を握りスーパーへ走った夜 〜消費税20年に思う〜




 ↑はなさと保育園前にて


 消費税導入からちょうど20年のこの日、これ以上の増税反対!食料品の非課税実施を!を強く求めて宣伝行動にとりくみました。

 12年前、消費税率が3%から5%に引き上げられました。当時私は、大学4回生。しんぶん配達で学費を稼ぐ苦学生でしたので、あまりお金は持っていませんでしたが、値上げされる前夜の3月31日夕刻、「打倒消費税」「5%還元セール」などで賑わうスーパーへ走り、たいして買えもしないのに食品や日用品などを買い込んだのを昨日のことのように覚えています。

 誰しも同じような経験があるのではないでしょうか。

 消費税は、生まれたばかりの赤ん坊から寝たきりのお年寄りまで、まったく所得のない人にも課せられる税です。しかも、高額所得者も低額所得者も同じ税率です。最悪の不公平税制です。

 しかも日本の場合、法人税の減税などとセットで導入・税率引き上げが行われてきた歴史があります。不公平な上に、格差を広げる役割を果たしてきた税制だと言わなければなりません。

 今日の宣伝行動には、多くのみなさんから激励が寄せられました。


ブログランキング・にほんブログ村へ←にほんブログ村へ
にほんブログ村 地域生活ブログ 奈良情報へ←奈良情報ブログへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(都道府県)へ←政治家ブログへ


-天気予報コム-
カテゴリ:おいたち | 22:52 | comments(0) | - | - | - |
おいたち 意外とおもしろい大学生活ウラ話

 ↑障害児(者)問題研究会「すぎのこ」での活動のひとこま。サンタ役をやっています。


 ↑教育実習さきの養護学校でのひとこま。なんでもやりまっせ。
続きを読む >>
カテゴリ:おいたち | 00:10 | comments(0) | - | - | - |
おいたち─‖膤愡代 - ソフトボール部で
 今日は事務所びらきの案内や街頭宣伝に頑張りました。


 今日は先週に続いて“おいたちシリーズ” 大学篇

大学時代 - ソフトボール部で



続きを読む >>
カテゴリ:おいたち | 18:18 | comments(2) | - | - | - |
おいたちЭ景江学生
 早朝は信貴山下駅にてごあいさつ。斑鳩町は法隆寺のご周辺、目安団地へごあいさつをしてまわりました。
 夜は会議でした。

雨の日も雪の日も 〜受験浪人〜

 1993年4月、大学合格をめざして受験浪人することに。経済的に自立したい思いが強く、友だちと「一緒にやろう」と新聞奨学生に申し込みました。友だちは1週間でリタイア。自分は意地でも続けようと頑張りました。
 夏の日の朝、6時前に配達をおえたときのすがすがしい気分。台風がくる直前の朝は夕焼けのような不気味な雲行きです。雨の日や雪の日は、いつまで配り続けても配達が終わらないような気がします。冬の試験前などは睡眠不足でとても眠く、バイクで配達中に居眠りをし転倒、冷たいアスファルトにたたきつけられるのです。ダンプに轢かれそうになったこともありました。
 ちょうど関西大学の受験の日、記録的な大雪にみまわれ、配達が終わったのは朝の8時半。やむなく受験を断念するということもありました。


 ↑配達用のバイク。テレビコマーシャルでは好天のすがすがしい朝に自転車で配達する好青年の映像ですが、たいてい朝刊は暗いうちの配達。2時半頃から配達するので夏もバイクでは寒い。冬は目出し帽で配達する人もおり、缶コーヒーを買おうとうっかりそのままコンビニに入ろうものなら...。ということもありました。


 ↑自販機あらしのドロボーを捕まえて堺北署から表彰されたこともありました。
続きを読む >>
カテゴリ:おいたち | 23:25 | comments(0) | - | - | - |
おいたち障害児教育への道
 午前中は党北和地区委員会の地区党会議。午後は三郷町美松丘地域を訪問活動。夜は両親の還暦祝いを、兄夫婦宅でおこないました。



  ↑6本のろうそくを見て「おじいちゃんとおばあちゃん、なんで6歳?」と娘の花。
続きを読む >>
カテゴリ:おいたち | 23:52 | comments(0) | - | - | - |
おいたちァー験競争のなかで〜高校生時代〜
 今日は、教育基本法の改悪強行(衆院)に抗議する宣伝行動に頑張りました。来週は宣伝を強めます!!


おいたちス盥算代

 1990年4月、大阪府立三国丘高校に入学。堺市でもっとも歴史の古い学校で、何事も生徒が自主的にとりくむ校風に感激しました。私たちが学んだ旧校舎は、卒業から2年後に取り壊され、今は新しい校舎になっています。

続きを読む >>
カテゴリ:おいたち | 23:59 | comments(0) | - | - | - |
| 1/2PAGES | >>