現在の閲覧者数:
沖縄県が敗訴−不当判決を厳しく糾弾

 ↑記者会見をする翁長知事

 

 ↑沖縄タイムズ

 

 ↑琉球新報

 

 沖縄県名護市辺野古の米軍新基地建設をめぐり、翁長雄志知事が辺野古埋め立て承認取り消しの撤回を求めた国の是正指示に従わないのは違法だとして、国が県を訴えた訴訟で、福岡高裁那覇支部は16日、「是正指示に従わないのは違法」との不当判決を出しました。

 

 翁長知事は同日夕の記者会見で、最高裁に上告し、高裁判決の破棄を求める考えを表明。上告期限は23日までで、10月にも第1回審理が開かれ、今年度中に判決が確定する見通しです。翁長知事はコメントで「裁判所には、法の番人としての役割を期待していましたが、政府の追認機関であることが明らかになり、大変失望しております。」と述べました。

 

 辺野古新基地をめぐる司法判断は今回が初。訴訟で国側は、普天間基地の危険性を除去するため辺野古の埋め立ては必要だと強調。一方、県側は、仲井真弘多前知事による埋め立て承認は公有水面埋立法を満たしておらず、違法だと指摘し、普天間基地を辺野古に「移設」する合理的理由はないと訴えていました。

 

 これに対して判決は、「国防・外交上の事項は国の本来的任務であり、国の判断に不合理な点がない限り尊重されるべきである」と指摘。「普天間飛行場の危険性を除去するためには辺野古埋め立てしかない。(環境破壊など)不利益や(新基地反対の)沖縄の民意を考慮しても、公有水面埋立法の要件を欠くと認めるには至らない」と述べ、「辺野古が唯一」とする安倍政権の政策に全面的に屈服。地方自治・民主主義を全面否定する不当判断を示しました。

 

 

 

【翁長知事のコメント=全文】

 

 本日、地方自治法251条の7第1項に基づく不作為の違法確認請求事件の判決が、福岡高等裁判所那覇支部において言い渡され、国土交通相が行った是正の指示に沖縄県知事が従わないことは違法である、との判断が示されました。

 判決は、「普天間飛行場の被害を除去するには、本件新施設等を建設する以外にはない。言い換えると、本件新施設等の建設をやめるには普天間飛行場による被害を継続するしかない」と述べるなど、辺野古が唯一との国の主張を追認するかのような内容となっており、地方自治制度を軽視し、沖縄県民の気持ちを踏みにじる、あまりにも国に偏った判断となっております。

判決では、公有水面埋立法第4条第1項第1号、2号要件など、全面的に国の主張を受け入れており、ことごとく県の主張を退けております。

 

 例えば、1号要件に関しては、本来であれば緻密に比較衡量を行ったうえで判断しなければならないところ、一方では埋め立ての必要性の中で軍事的な面について踏み込んだ判断を行い、他方では自然環境面については一切考慮しないなど、裁判所がこのような偏頗(へんぱ)な判断を行ったことについては、驚きを禁じ得ません。

 

 さらに、国地方係争処理委員会についても、「国地方係争処理委員会の決定は和解において具体的には想定しない内容であったとはいえ、元々和解において決定内容には意味がないものとしており」と述べ、地方自治法に定める係争処理制度を軽視するなど、平成11年に国と地方公共団体は対等・協力であるべきとして行われた地方自治法改正の趣旨からもほど遠いものとなっています。

 

 このような判決は、憲法や地方自治法、公有水面埋立法の解釈を誤ったものであり、到底受け入れられるものではありません。

 

 裁判所には、法の番人としての役割を期待していましたが、政府の追認機関であることが明らかになり、大変失望しております。

 

 埋立承認取り消しは、公有水面埋立法が求める要件を丁寧に検証した上で行ったものであり、国土交通相から是正の指示を受けるいわれは全くありません。

 今日までの歴史的な状況を含めて、何故、沖縄県だけが他の都道府県と異なる形で物事が処理されるのか、一地方自治体の自由・平等・人権・民主主義・民意が、一顧だにされないということが、今日、他の都道府県であり得るのか、大変疑問に思います。

 国と地方公共団体が対等・協力の関係であることを定めた地方自治法においては、国の関与は最小限度でなければならないという基本原則があり、地方自治体の自主性と自立性は尊重されなければなりません。

このような判決は、沖縄県だけの問題にとどまらず、これからの日本の地方自治・民主主義のあり方に困難をもたらすのではないかと、大変、危惧しております。

 

 今後、最高裁判所に上告及び上告受理の申立てを行い、不当な高裁判決の破棄を求めるとともに、憲法で認められた地方自治が本来の役割を果たすことが出来るよう、力の限りを尽くして訴えてまいりたいと考えております。

カテゴリ:まちかどの声 | 20:09 | comments(0) | - | - | - |
今週の早朝宣伝予定(9月5日〜9月8日)

 

【今週の早朝宣伝予定】

5(月)椿井交差点

6(火)昭和橋交差点

7(水)安富橋交差点

8(木)JR法隆寺駅北口
 

カテゴリ:今週の早朝宣伝 | 20:41 | comments(0) | - | - | - |
テロ対策? まさに思想弾圧! 「共謀罪」の危険な中身

 

 

 自民党政権が過去3度にわたり国会に提出しながら世論の強い批判をあびて廃案となった共謀罪。

 

 安倍政権は、名称を変えて秋の臨時国会に提出しようとしています。それが「テロ等組織犯罪準備罪」です。

 

 安倍首相は「テロ対策」のための法案と強調しますが、実態は最悪の市民弾圧法です。

 

 8月28日のしんぶん赤旗日刊紙に、関東学院大学名誉教授の足立昌勝さんが次のコメントを寄せています。

 

 「『テロ等組織犯罪準備罪』という名称だが、どうみてもテロ対策ではない。『テロ等』とつけることによって、最近の情勢でテロは危険だと感じている国民にウソをつきながらやろうとしている。法案の条文をみると罪に当たるのは、『4年以上の懲役』などとなっており、『テロ対策』に関係なくどんな犯罪も対象になる。共謀罪が国会に出されたときに反対運動が盛り上がって政府は断念した。今回はそうしたくないから『テロ』を前面に押し出そうとしているのではないか。共謀罪は、これまでの刑法とは別ものだ。刑法は行為原理、つまり既遂でないと処罰できない。ところが共謀罪は共謀があれば処罰できる。今回の政府案には『準備行為』が要件として加えられた。しかし、以前の国会でも単に共謀ではなく具体性を示す『顕示行為』がないと処罰できないという議論がされた。それを『準備行為』に変えたにすぎず、危険性は全然変わっていない。そういう問題点をつかみ、『テロ』対策を口実にした、まやかしを至急に国民に知らせる必要がある。」

 

 7月の参議院選で、自民党も公明党も共謀罪導入を公約していません。選挙が終わった途端、悪法を持ち出すやり方は、昨年の戦争法や、一昨年の秘密保護法の強行と同じで、大義も道理もありません。

 

 安倍政権の「だまし討ち」を許さず、共謀罪の国会提出を断念させるたたかいが急がれます。

 

 安倍政権が秋の臨時国会に共謀罪法案を提出しようとしています。

 

 皆さんのご意見をお聞かせ下さい。

カテゴリ:政策と主張 | 20:27 | comments(0) | - | - | - |
ギボシドロボー!? 135万円の被害

 ↑擬宝珠(ぎぼし)が盗まれた毘沙門橋の欄干

 

 

 ↑11個のうち2個だけ残っている。外せなかったのだろうか。

 

  8月17日早朝、地域住民の方から「毘沙門橋のギボシがなくなってる」との通報を頂きました。現地を確認し、ただちに県土マネジメント部道路管理課に対応を申し入れました。

 

 県道信貴山線の毘沙門橋は、信貴山朝護孫子寺をイメージさせるこだわった意匠となっており、橋の欄干に装飾品として銅製の擬宝珠(高さ4cm重さ5kgの銅製)が11個取り付けられています。道路管理課によると、擬宝珠はネジで固定されドライバーで外せる構造になっており、このうち9つが何者かに盗まれており、135万円相当の被害(1個15万円)とのことです。


 県は詳細を調べた上で8月31日に被害届けを西和署に提出。同署は転売目的の窃盗事件として捜査を開始しました。奈良県警によると、数年前から銅線や真鍮製の消防ホース部品などを狙う転売目的の窃盗事件が相次いでいますが、擬宝珠の窃盗は初めてとのことです。県道路管理課は、擬宝珠を簡単に取り外せない構造に変更するなどの対策を検討しています。

カテゴリ:- | 22:34 | comments(0) | - | - | - |
今週の早朝宣伝予定(8月29日〜9月2日)

 

【今週の早朝宣伝予定】

29(月)JR三郷駅

30(火)勢野北口駅

31(水)信貴山下駅

 1(木)若草橋

 2(金)平群駅

カテゴリ:今週の早朝宣伝 | 19:24 | comments(0) | - | - | - |
保存活用が決まった奈良少年刑務所施設を見学−歴史展示などの役割を

 

 奈良市般若寺町にある奈良少年刑務所は、1908年(明治41年)に監獄の近代化をめざして建設された明治五大監獄(千葉、金沢、奈良、長崎、鹿児島)のうち、現存する唯一のものです。

 戦前は、戦争に反対した人々が「治安維持法違反」の政治犯として収容された施設でもあり、8月24日、治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟の青年交流会「闘いと抵抗の歴史に学ぶ青年交流集会」の研修の一環で、同施設を見学致しました。


 同建造物は洋風の重厚な造りが特徴で、使用されたレンガはすべて当時の受刑者が木津川のほとりのレンガ工場で焼いた「手作りレンガ」であり、丸屋根やと放射線状に整備された構造などが特徴的です。

 ところが、施設の老朽化がすすんでおり、更正施設としての使用に限界があることなどを理由に、少年刑務所としては今年度をもって廃止され、更正事業は全国の施設に分散されることになりました。しかし、洋風建造物としての値打ちや、同施設がたどってきた歴史的役割などから、建造物を文化遺産として保存する運動が地域住民の中に広がっています。

 日本共産党は6月定例県議会で、同施設の文化財登録と保存を求める意見書を提案。全会一致で採択され、法務省はこのほど、同建造物の一部を民間に委託して活用する方針を発表しました。

 活用のあり方は今後の検討の中で具体化されますが、同施設がたどってきた歴史的経緯を知らせる資料館的な役割が求められます。

 

カテゴリ:政策と主張 | 08:39 | comments(0) | - | - | - |
今週の早朝宣伝予定(8月22日〜26日)

 

【今週の早朝宣伝予定】

 

22(月)竜田川駅

23(火)協和橋東詰交差点

24(水)北公園前交差点

26(金)王寺駅北口

カテゴリ:今週の早朝宣伝 | 19:20 | comments(0) | - | - | - |
西和医療センター分娩再開から1年4ヶ月―利用は低調

 

 

 今から10年前(平成18年)、妊産婦を巡る悲劇があいつぎ、お産の体制が不十分である実態がクローズアップされました。西和医療センター(旧:県立三室病院)も同様に体制の強化ができず、産科医師不足等の理由により、平成21年春に分娩の取り扱いが中止されました。

 
 しかしその後、地域住民の間で、安心して子どもを産めるような環境を求める声が強まり、議会でも繰り返し議論されました。ようやく平成27年春、1億6000万円をかけて施設を再整備し、3名の産科医を確保してお産の取り扱いが再開。現在は医師4名体制で出産をサポートしています。

 

 ところが、分娩再開のニュースはあまり知られていないのか、閉鎖される前の19年度201件、20年度146件という分娩数に比べ、27年度は61件と低調に終わりました。


 これを受けた同センターは「里帰り出産歓迎」「立ち会い出産可能」と宣伝し、各町の広報に産科利用促進の記事を掲載。「陣痛・分娩・回復室が一体となり、トイレ・シャワーもある個室」「アメニティーグッズが充実」「新生児の足型と写真をプレゼント」とPRしています。

 

 住民の願いが届いて再整備された施設です。みなさんの身近でお産を予定されている方があれば、ぜひ西和医療センターをご利用下さい。

カテゴリ:三郷町 | 14:03 | comments(0) | - | - | - |
住宅地のすぐそばにメガソーラー…事業主である太陽設備は誠実な対応を

 

 平群町のローズタウン若葉台隣接地(約9000坪)に、2099kw(2メガ)7920枚の太陽光パネルを設置するメガソーラー建設(事業主:太陽設備)が進められようとしています。当該地は第2開発予定地だったものの開発会社の倒産などにより18年間放置され、雨が降るたびに土砂流出が問題になっていた地域でもあります。

 

 事業主である太陽設備は、3月に計画を県と町に説明したとしていますが、近隣住民には何の説明も行わず、5月には建設重機を入れて測量のための伐採を行うなどしていました。

 

 ようやく7月17日(日)に住民説明会が開催され、私も参加しましたが、一方的に事業概要を説明するだけのものでした。住民から出された「土砂流出の心配にどうこたえるのか」「盛り土した土地に無筋コンクリートの土台で本当に大丈夫か」「反射光による気温上昇や電磁波によるノイズの影響はないのか」「住宅から5mしか離れておらず影響は必至なので、せめて植樹してほしい」などの質問・要望には責任を持った回答がなされず、担当者は「2週間以内に回答する」などとしましたが、3週間経った8月7日(日)現在も、自治会には返事がなく、2回目の説明会も「開催しません」との意思が自治会に伝えられたとのことです。

 

 

 8月7日(日)には自治会臨時総会が開催され、反対決議があげられると同時に、この問題に独自に取り組む対策委員会の設置が確認されました。同自治会は8月10日(水)、県庁に「開発行為を許可しないこと」「第一種低層住居地域にふさわしい環境保全」を求める要請書を提出。同日、太陽設備(株)にも誠実な対応を求める要請書が提出されました。


 再生可能エネルギーの普及は推進されるべきですが、住環境を破壊してメガソーラーが設置されるのは大きな問題です。太陽光発電の開発を規制する法律や条令が整備されていないため、県は「条件が整えば、今月中にも開発許可を出さざるを得ない」としています。

 

 引き続き、国会議員団と連携し早急な法整備を求めると共に、太陽設備が住民に対し誠実な対応をするよう、県の指導を求めて参ります。

カテゴリ:平群町 | 15:09 | comments(0) | - | - | - |
今週の早朝宣伝予定(8日〜12日)

 

《今週の早朝宣伝予定》

 

 8(月) 竜田川駅

 9(火) 平群駅

10(水) 元山上口駅

12(金) 法隆寺東交差点

 

 

カテゴリ:今週の早朝宣伝 | 06:51 | comments(0) | - | - | - |
| 1/179PAGES | >>