現在の閲覧者数:
西和医療センターに臨時駐車場(無料)20台が確保

 

 今年5月、西和医療センター第2駐車場地に発熱外来が設置されました。

 

 7〜8月の感染ピーク期には外来受診をひかえる傾向があったため、駐車場不足は大きな問題になりませんでした。

 

 ところが、感染が落ち着いた9月以降、外来受診が急増したため、平日の朝10時頃にはセンター前の国道が大きく渋滞する事態となっていました。宮本事務所にも地域の方から駐車場確保の要望が寄せられており、この間、県医療政策局と西和医療センターにお伝えして参りました。

 

 西和医療センターは9月30日、同センター南側の翠悠会王寺診療所のさらに南側の土地、「愛の園幼稚園」に隣接する土地に臨時駐車場を20台を確保したと発表しました。

 

 引き続き、地域の願いをしっかりと県政に届けて頑張ります。

カテゴリ:三郷町 | 14:09 | comments(1) | - | - | - |
市民連合が合同宣伝―予定候補としてお招きいただき参加

  ↑写真をクリックすると動画が観られます

 

 9月25日(金)夕刻、「安保法制の廃止と立憲主義回復を求める奈良2区市民連合」の皆さんが王寺駅南口で街頭活動に取り組まれ、共闘をすすめている立憲民主党の猪奥美里予定候補とともに、私もお招きいただき参加しました。街頭活動は2人の予定候補にインタビューする形で進められ、私は学生時代に障害児教育を学び、障害者運動に参加する中で日本共産党に入党した経緯などを話しました。

 

 平日の夕方ということもあり、学校帰りの高校生や大学生で賑わう駅頭で訴えると、立ち止まり耳を傾けてくれる学生もありました。このときの模様は動画「YouTube“それいけ!宮本次郎”」で配信しています。ぜひご覧下さい。

 

 動画はコチラ → https://www.youtube.com/watch?v=3hhKSaBoDW4

カテゴリ:青年の未来を切り開こう! | 14:15 | comments(0) | - | - | - |
メガソーラー規制を求め近畿経産局へ

 

 

 平群町櫟原地区へのメガソーラー建設は、パネル面積は県内最大規模(4番目)、住宅約2000世帯の上手に設置されるという点でも初めてのケースであり、全県下から注目されています。この間、投資目的の計画でペーパーカンパニーによって運営れる問題や、土砂災害や景観、高圧送電線の影響など、住民の不安にこたえるよう国や県に申し入れて参りました。先日、「平群のメガソーラーを考える会」世話人のみなさんと近畿経済産業局(大阪市)新エネルギー推進室を訪れ国の考えを改めて伺いました。

 

 事業者や行政による住民説明会が十分にされていない問題について「経産省の太陽光発電に関するガイドラインに反するのでは?」と問うと、担当官は「説明会の基準や行政の義務はなく、地域の実情に応じて行われている」と回答。また、土砂災害や高圧送電線の影響から住民生活を守る問題について問うと、担当官は「都道府県や市町村など自治体レベルで条例をつくるなどしている事例がある」と答えるにとどまりました。


 今年6月に太陽光発電等の電気の固定価格買い取り制度に関する法律(FIT法)が改正され、現在、2022年4月の施行に向けて運用のあり方が検討されています。住民生活を守るルールを設けるなど、厳格な規制をガイドラインに設置することをもとめて奮闘したいと思います。

カテゴリ:平群町 | 14:05 | comments(0) | - | - | - |
大門実紀史参院議員を迎えての演説会に200人

 

9月20日(日)、王寺駅南口にて大門実紀史参院議員を迎えての街頭演説会には、各方面から多数のご参加をいただきました。

 

その模様が、動画でご覧いただけます。

 

大門実紀史参院議員の訴えはコチラ(約20分)

https://www.youtube.com/watch?v=fqyVr1s2IFI

 

宮本次郎の訴えはコチラ(約5分)

https://www.youtube.com/watch?v=S552OUzrc0I

 

 

カテゴリ:奮戦記 | 10:32 | comments(0) | - | - | - |
「強まる言論弾圧に、ともに闘う決意」日本国民救援会奈良県本部大会にて連帯の挨拶

 

 日本国民救援会第36回奈良県本部大会にて連帯の挨拶。

 

 菅政権のもと、安倍政権以上に言論弾圧が強まっている実態を告発し、ともに闘う決意を申し上げました。

 

 国民救援会は、冤罪事件など権力による人権侵害・政治弾圧事件の被害者を救済、支援する人権・法曹団体です。

カテゴリ:奮戦記 | 13:55 | comments(0) | - | - | - |
YOUTUBE「それいけ!宮本次郎」8作品目アップしました

 ↑画面をクリック

 

 「YOUTUBE それいけ!宮本次郎」、8作品目をアップしました。

 「感染震源地=エピセンター」へのPCR検査の拡充で、感染防止を。

 その概要をお知らせすると共に、各市の首長を訪問している様子を紹介します。

 8分の短い動画ですので、ぜひご覧下さい。

 

https://www.youtube.com/watch?v=_zZdTqAXg2E

 ↑こちらからもご覧いただけます。

 

 

カテゴリ:You Tube それいけ!宮本次郎 | 10:26 | comments(0) | - | - | - |
中和保健所―全国2番目に広いエリア、電話鳴りやまず

 

 8月27日、日本共産党県議団とともに中和保健所を訪問しました。同保健所は2015年に葛城保健所と桜井保健所を統合して発足。職員数は統合前より20人以上減っていますが、全国2番目に広い地域を管轄しています。

 コロナ危機のもと、他の部署から応援をえて体制をとり、土日も開業。情報を共有しやすいように全職員がワンフロアで対応していますが、ピーク時には午前8時半の始業とともに一斉に電話が鳴り続け、夜中まで休憩できませんでした。日常から体制を強化する必要があります。

カテゴリ:新型コロナ対策の前進を | 10:01 | comments(0) | - | - | - |
2区市民連合が発足―連帯の挨拶

 

 「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める2区市民連合」発足の集いが8月23日開かれ、来賓としてお招きいただきました。私は「次期衆院選は、野党共闘が前進しコロナ危機を経験した中で行われる。憲法を守り、経済格差解消と社会保障の充実など、誰もが人間らしく生きられる社会をめざす」と訴えました。同じ奈良2区で立候補を表明している猪奥美里県議も連帯の挨拶をしました。
 同集いは約50名の参加で成功し、2016年に4野党と市民連合が交わした13項目の公約(9条改憲阻止など)を守る候補者を推薦することや、候補者一本化を各党に要請することなどが確認されました。

カテゴリ:奮戦記 | 10:08 | comments(0) | - | - | - |
天理市長「天理大学の迅速な対応に敬意」―クラスター拡散防止に大学独自のPCR検査

 

 8月18日、天理大学のクラスター発生直後の天理市を訪問。

 天理市は医師会の協力の下、独自の検査PCR体制を実施しています。

 天理市長は天理大学の運動部寮におけるクラスター発生に関し「大学側の費用負担で早期に寮生と関係者180名が検査し53名(8/18時点)の感染が確認されたが、迅速な対応により寮外への感染は防げたことに敬意を表する」と話され、「感染リスクのない学生が実習の受け入れ拒否など不当な扱いを受けないよう情報発信に努めましょう」と認識の一致をみました。

 

 

カテゴリ:新型コロナ対策の前進を | 10:04 | comments(0) | - | - | - |
終戦記念日宣伝

 

 終戦記念日、各地で街頭演説をおこないました。

カテゴリ:奮戦記 | 10:31 | comments(0) | - | - | - |
| 1/206PAGES | >>