現在の閲覧者数:
総選挙の結果について

総選挙へのご支援、ありがとうございました
 10月22日投開票された総選挙では、大きなご支援をいただき、ありがとうございました。私も街頭で多くの皆さんから
 「憲法改悪を阻止し、格差社会を解消するために、日本共産党に頑張ってほしい」
 「本気で野党共闘に力を尽くし、候補者を降ろしてまで奮闘する姿を評価している」
などの声をいただき、たいへん勇気づけられました。

 

 

野党共闘の前進も、日本共産党は21→12議席へ後退
 

 日本共産党は、小選挙区沖縄1区で赤嶺政賢候補の当選をかちとりました。「オール沖縄」のみなさんの力の大きな勝利です。比例代表では、前回獲得した20議席(606万票、11・37%)から、11議席(440万票、7・91%)への後退となりました。たいへんに残念な結果です。
 今回の総選挙で日本共産党は、市民と野党の共闘を成功させるために奮闘しました。日本共産党、立憲民主党、社民党の3野党が、市民連合と7項目の政策合意を結び、協力・連携して選挙をたたかいました。立憲民主党が躍進し、市民と野党の共闘勢力が全体として議席を増やしたことは大きな喜びです。

 

 

逆流のもとでの共闘勢力前進
 

 総選挙直前に、民進党が希望の党へ合流するという逆流が生まれましたが、日本共産党は市民と野党の共闘を断固として追求しました。共闘勢力の候補一本化のために、全国67の小選挙区で予定候補者を降ろし、多くのところで自主的支援を行いました。その結果、共闘勢力が全体として議席を伸ばすことに貢献できました。各地で「共闘の絆」「連帯の絆」がつくられたことを力に、市民と野党の共闘の本格的発展のために引き続き力を尽くしたいと思います。

 

 

小選挙区制度の歪みによる「虚構の多数」と対決し、公約実現に全力
 

 自民党・公明党は議席の3分の2を占めましたが、これは希望の党という自民党の新しい補完勢力が、野党共闘に分断と逆流をもちこむ中での結果です。自民党が比例得票33%(有権者比17.3%)に対し全議席の61%の議席を得たのは、大政党有利に民意を歪める小選挙区制がもたらしたもので「虚構の多数」にすぎません。
 日本共産党はこの選挙で、安倍暴走政治への審判をよびかけるとともに、安倍政権を退場させた後にどんな日本をつくるのかについて、外交、経済、原発、憲法、核兵器―5つの柱で日本改革ビジョンを訴えました。総選挙で掲げた公約を実現するために、引き続き頑張る決意です。

 


生駒郡各町の比例代表選挙での得票結果は以下の通りです。

 

 平群町  三郷町  斑鳩町  安堵町  合計
日本共産党  1214  1222  1317   266  4019
立憲民主党  1687  1720  2416   467  6290
社民党   154   154   263    46   617
自由民主党  3350  3513  5195  1436 13494
公明党   999   977  1502   486  3964
希望の党  1267  1275  2040   446  5028
日本維新の会  1425  1593  2128   475  5621

 

カテゴリ:議会論戦 | 22:50 | comments(0) | - | - | - |
今週の早朝街頭宣伝の予定

 

今週の早朝街頭演説予定

 

2(月)平群駅

3(火)党中央委員会総会参加のため上京

4(水)法隆寺東交差点

5(木)JR三郷駅

6(金)近鉄信貴山下駅

 

総選挙公示を10日(火)に控え、最後の早朝街頭宣伝週間となります。

 

カテゴリ:今週の早朝宣伝 | 22:55 | comments(0) | - | - | - |
「希望の党」に自民党にかわる旗印なし―民進・前原提案は市民と野党の共闘への背信

 ↑10月1日(日)、労働者後援会に皆さんと街頭宣伝

 

 

 小池東京都知事がたちあげた新党に駆け込んだ顔ぶれは、自民党政治の中枢にいた人、民進党から野党共闘に反対して出た人、右翼的思想で知られる旧・日本のこころ代表…。9月27日に行われた結党記者会見では、9条改憲も平和安全法制(戦争法)も容認しました。

 東京都では「情報公開」といいながら密室で物事を決め、「豊洲新市場の無害化」も反故にされています。自民党に変わる旗印のない「新党」に未来を託すわけにはいきません。


 民進党・前原代表が「合流」を表明したことは、これまでの市民と野党の共闘に対する背信行為ですが、小池都知事は「リベラル派は排除する」と言い、各候補に踏み絵を迫りました。排除の基準は「9条改憲と戦争法容認」、まさに戦争する国造を認めるかどうかが分かれ目です。


 日本の未来を開く力は市民と野党の共闘です。日本共産党を躍進させることが、困難はあっても共闘を発展させる力になります。みなさんの大きなご支援を心からお願いいたします。

カテゴリ:政策と主張 | 22:51 | comments(0) | - | - | - |
安倍内閣の暴走政治ストップ、日本共産党の改革提案

 ↑衆院解散となった9月28日(木) 王寺駅にて霜鳥純一2区予定候補と

 

 10月22日(日)投票でおこなわれる解散総選挙。最大の争点は、暮らしと憲法を破壊し、国政を私物化する暴走政治を続けさせていいのかどうかです。

 

 安倍内閣はこの3年間、特定秘密保護法や共謀罪、平和安全法制(戦争法)など、日本の平和と民主主義を脅かす悪法を強行してきました。南スーダンに派遣された自衛隊からの日報文書を組織ぐるみで隠蔽してきた疑惑、政治家の力で行政をゆがめ公費を不正に支出させてきた「森友・加計学園」疑惑なども解明されていません。

 

 日本共産党は以下のような提案をかかげ、新しい政治の実現を目指して頑張ります。比例代表選挙は政党名で「日本共産党」とお書きください。日本共産党の躍進で安倍政権を退場させましょう。

 

◆憲法―9条を堅持。平和主義・国民主権・基本的人権の尊重という憲法の原則を生かした政治を。

 

◆安保法制―海外での武力行使とアメリカとの軍事共同に道を開く「戦争法」は廃止を。

 

◆北朝鮮問題―今こそ対話の時。「圧力」一辺倒は最も危険。戦争を回避し、6ヵ国協議の早期再開で北朝鮮と米国政府の無条件直接対話を引き出す外交努力を。

 

◆暮らしと経済―格差拡大のアベノミクス経済政策を転換。労働者の賃上げと中小企業支援など、貧困をなくす経済民主主義の確立を。

 

◆消費税―10%増税は中止。富裕層への課税強化・大企業への適正な課税など、負担能力に見合った公平な税制度への改革を。

 

◆核廃絶―被爆国の役割を果たし、核兵器禁止条約(7月に成立)にサインをする政府を。

 

◆政治改革―政治腐敗を招く企業・団体献金の禁止、堕落の根源となっている政党助成金の廃止を。


 

カテゴリ:政策と主張 | 22:40 | comments(0) | - | - | - |
今週の早朝街頭演説予定

いよいよ解散総選挙です。街頭宣伝を強めて頑張りたいと思います。

 

 

 

今週の早朝街頭演説予定

 

19(火)明治橋交差点

20(水)法隆寺東交差点

21(木)JR法隆寺駅南口

22(金)竜田大橋交差点

カテゴリ:今週の早朝宣伝 | 08:13 | comments(0) | - | - | - |
今週の早朝街頭宣伝予定

 

◆今週の早朝街頭宣伝予定

 

11(月)秋津橋交差点

12(火)椿井交差点

13(水)竜田川駅

14(木)JR法隆寺駅北口

15(金)県道東交差点

カテゴリ:今週の早朝宣伝 | 23:05 | comments(0) | - | - | - |
今週の早朝街頭宣伝予定

 

今週の早朝街頭宣伝予定(9/4〜8)

 

4(月)若草橋

5(火)北公園前交差点

6(水)椿井交差点

7(木)安富橋交差点

8(金)JR法隆寺駅

カテゴリ:今週の早朝宣伝 | 23:21 | comments(0) | - | - | - |
県内30ヵ所に広がる「こども食堂」―さらなる支援強化を

県内30ヵ所に広がる「こども食堂」―さらなる支援強化を
 

 子どもが家に帰っても誰も家におらず、一人で食事をとり一人で過ごす――格差と貧困の広がりの中、「子どもの貧困」が社会問題です。いま、子どもに無料もしくは安価な食事を提供し居場所をつくる「こども食堂」と呼ばれる活動が広がっており、県内で6ヵ所(昨年6月)から30ヵ所(今年8月)に広がっています(県子ども家庭課による把握)。
 

 実際に取り組んでおられる方に伺うと「子どもが独りぼっちになりがちな平日の夜に開催したいが、会場確保や交通手段確保などが課題」「生活協同組合による食材提供やボランティア支援で運営しているが継続できるかどうか不安」などの声が寄せられます。私は昨年6月議会一般質問で初めて取り上げ、その後も委員会等で県による支援の具体化を求めて参りました。

 

 

県支援―300万円を予算化 
 

 県は今年度300万円の予算を計上し、こども食堂の開設や運営にかかる食材費・会場費などの一部を補助する事業を開始。1団体につき対象月ごとに2万円を上限に補助します(交付申請は8月16日〜来年2月26日、先着順)。補助対象の団体は、県内でこども食堂を今年4月1日以降に開設し、次年度以降も月1回以上、1回あたり10食以上提供可能なこと等が要件となります(日本共産党県議団は新設だけではなく既存団体も支援の対象とするよう求め、予算の組み替えを提案)。
 

 県社会福祉協議会は8月26日、「奈良こども食堂ネットワーク」を発足させ、団体間の交流と連携強化をすすめます。橿原市の県社会福祉総合センターでこの日開かれた「第6回なら小地域福祉活動サミット」に合わせ、設立式を開催。会員として29団体、サポーターとして5団体がネットワークに参加し、こども食堂の県内での実践を報告するシンポジウムも開かれました。

 

 

格差社会の解消をはかることが大切

 
 シンポジウムを前に、社会活動家で法政大教授の湯浅誠さんが「子どもを真ん中においた地域共生の未来」と題して記念講演。湯浅誠さんは「こども食堂は居場所づくり」と強調、「食事を食べさせるだけの場所ではなく、いろんな人の価値観や体験にふれ、視野が広がることが大事」と話し、「地域づくりの拠点にもなる。子どもに支えてもらう活動でもある」と締めくくりました。

 

  子どもの貧困問題の解消には、格差社会をただし誰もが人間らしく働ける社会を実現することが不可欠ですが、各地で取り組まれている「こども食堂」の活動は、子どもの居場所づくりであると同時に、全ての子どもの成長を地域社会全体で支えるという意味で非常に有意義な活動と考えます。県の支援のさらなる強化を求めて参りたいと思います。

カテゴリ:政策と主張 | 15:17 | comments(0) | - | - | - |
今週の早朝宣伝計画


 

今週の早朝宣伝計画(8月28日〜9月1日)

 

28(月) 協和橋東詰交差点

29(火) 王寺駅北口

30(水) 昭和橋交差点

31(木) 元山上口駅

 1(金) 平群駅

カテゴリ:今週の早朝宣伝 | 22:53 | comments(0) | - | - | - |
今週の早朝宣伝予定

 

今週の早朝宣伝予定(8月21日〜24日)

 

21(月)いとり橋交差点

22(火)竜田大橋交差点

23(水)勢野西交差点

24(木)JR法隆寺駅南口

カテゴリ:今週の早朝宣伝 | 23:28 | comments(0) | - | - | - |
| 1/185PAGES | >>