現在の閲覧者数:
今週の早朝街頭宣伝予定


 

10(月)秋津橋交差点

11(火)竜田大橋交差点

12(水)県道東交差点

13(木)近鉄元山上口駅

14(金)JR法隆寺駅

カテゴリ:今週の早朝宣伝 | 23:33 | comments(0) | - | - | - |
「適正化」の名で医療費抑制、これでは命が守れません

 

大阪の10倍!?−県の医療費「適正化=抑制」計画

 

 今年4月から国民健康保険制度(国保)は、市町村から都道府県単位で運営されるようになりました。奈良県は6年後に全県統一の保険料率にする方針で段階的に進めます。

 国保はもともと低所得層が多い保険制度ですので、政府が半額程度の財政支出をして支えていました。ところがこれをどんどん削減し、今では3分の1ほどになっています。さらに政府は、高齢化に伴う医療費支出増を抑えるためとして、各県に「医療費適正化計画」策定を指示。奈良県の計画は、県民一人あたり3万6千円(大阪府の場合は3千6百円)と大きな目標を掲げており、強力な受診抑制が進められようとしています。

 

 

全国に先駆けて「地域別」診療報酬―奈良県だけ医療水準低下

 

 奈良県はこの目標を達成するためとして「地域別診療報酬制度」の導入を全国に先駆けて計画に盛り込みました。目標達成ができない場合には、通常1点=10円で計算されるところを、最大1点=9円まで引き下げるというのです。早ければ2024年から導入される見通しです。もしこれが実施されると、医療機関の収入が減り医師・看護師の待遇悪化や医療機器更新が遅れる、点数の高い休日夜間救急や妊婦・乳幼児などの受け入れを断る、など奈良県の医療水準の低下が懸念されます。

 病気になりたくてなる人はいません。誰もが安心して医療にかかれる体制を整えてこそ、早期発見・早期治療、予防医療がすすみ、医療費の抑制にも結びつくのではないでしょうか。

 

 

医師会なども反対―知事選・県議選の争点に

 

 先日、奈良県医師会が開いた講演会では、日本医師会の中川副会長が「(地域別診療報酬で)医療機関が存続できず、患者の受診機会を奪うことになり、日本医師会も断固反対」と話され、荒木弁護士が「法の下の平等に反する憲法違反」と話されました。また保険医協会は「診療報酬は保険診療の内容と質を定めるものであり、単価の引き下げは国が定めた水準を否定することになる」と反対声明を発表しています。

 この問題は来春の知事選挙・県議会選挙の大きな争点になります。ぜひ、反対の声を広げましょう。

 

 

カテゴリ:政策と主張 | 08:38 | comments(0) | - | - | - |
今週の早朝街頭宣伝計画

3(月)JR三郷駅

4(火)近鉄勢野北口駅

5(水)近鉄信貴山下駅

6(木)若草橋交差点

7(金)いとり橋交差点

カテゴリ:今週の早朝宣伝 | 10:53 | comments(0) | - | - | - |
県議選勝利へ「躍進の集い」に154名

 

 

 定数が3から2になった県議会生駒郡区で必ず勝利を――

 

 11月24日(土)、斑鳩ホール小ホールを会場に後援会主催で取り組んだ「躍進の集い」には154名の方にご参加いただきました。

 

 集いでは、長年ともにPTA活動をしてきた喜多洋三さん(県PTA会長)、高校削減問題で全県的に運動を展開されている鳥見浩憲さん(平城高校校友会会長)、県の地域別診療報酬制度に反対している睫敞昭さん(夕陽ヶ丘診療所所長)から「実情を踏まえた論戦で県議会に欠かせない存在」「党派をこえて宮本次郎さんを県政に」と激励のお言葉をいただきました。

 

 また、小学校・中学校・高校の先輩である森山浩行衆院議員(立憲民主党)からメッセージをいただきました。

 

 党派をこえて、心のこもった激励やメッセージをいただき、心より感謝申し上げます。

 

 私からは、高級ホテル誘致などに莫大な税金をつぎ込みながら高校削減・医療改悪などをすすめる荒井県政と対決し、地域の願い実現に奮闘する日本共産党県議団の議席の値打ちを紹介し、選挙戦に向けた決意表明おこなわせていただきました。また、清水ただし前衆院議員、鎌野祥二参院奈良選挙区予定候補が駆けつけ、来年の統一地方選・参議院選挙での日本共産党への支援を訴えました。

 

 ご参加いただいた皆さんに心から感謝申し上げます。ありがとうございました。

カテゴリ:奮戦記 | 11:25 | comments(0) | - | - | - |
「生駒線のダイヤ15分間隔に」「駅の環境改善を」―近鉄に申し入れ

 

 

 11月20日(火)、日本共産党奈良県地方議員団は近畿日本鉄道に対し、事前に提出していた要望をもとに懇談しました。

 

ダイヤを通常運行の15分間隔に―担当者は明言を避ける

 昨年10月に発生した法面崩落事故で勢野北口駅―竜田川駅間の徐行運行が続いています。担当者からは「11月に始まった本格復旧工事が完了し安全が確認されれば1時間4本に戻すことを検討する」としましたが「今はできるともできないとも言えない」という回答に終始し、以前の「完了後に戻す」という立場から後退した印象です。私たちからは「ダイヤ改正しても19〜20分間隔では接続が悪く大変不便」「終電との接続もふまえたダイヤ改正を」という利用者の声を伝え、担当者からは「沿線に住む人の利便性を考えると始発と終電の時刻は大切」との見解が示されました。

 

喫煙コーナー移設は即対応、駅のバリアフリー化やトイレ改修は順次対応

 高校生を含む駅利用者の受動喫煙が指摘された信貴山下駅の喫煙コーナーは、すぐに移設対応されました。また、勢野北口駅・平群駅・元山上口駅のトイレ水洗化は公共下水道が整備され次第対応する、駅のバリアフリー化は乗降客数に応じて順次対応するとのことです。無人駅での券売機増設は「利用者減でIC化に対応するため2台→1台にしたのでご理解を」との回答でした。

 引き続き、県の担当課にも要望を伝え、近鉄側にも地域の願いをしっかりと届けて参りたいと思います。

カテゴリ:まちかどの声 | 10:25 | comments(0) | - | - | - |
今週の早朝街頭宣伝計画

写真は長男、少年野球の試合の様子です

 

26(月)近鉄東山駅

27(火)法隆寺東交差点

28(水)北公園前交差点

29(木)近鉄竜田川駅

30(金)近鉄平群駅

カテゴリ:- | 11:05 | comments(0) | - | - | - |
西和医療センター 総合病院として存続と充実を

 

 西和医療センターは今年度、2019年〜2023年度の5年間第2期中期目標・計画が検討されています。このことに関わって「西和医療センターは今後どうなるのか、規模が縮小されるのではないか」と心配の声が寄せられています。

 また同センター利用者からは、老朽化に伴い「エアコンが効かない、あるいは逆に効き過ぎるなど調整ができない、エレベーターが使いにくい」などの要望を伺っています。さらに、施設内に病児保育を設置し近隣5町による運営が予定されるなど、医療スタッフが働きやすい環境の整備に期待が寄せられています。
  先の県議会一般質問では、西和医療センターに寄せられている不安と期待の声を紹介し、総合病院としての存続と充実を求めました。荒井知事からは「施設の老朽化対策や近隣医療機関との役割分担などを踏まえ、地域に良質な医療を提供できるようつとめる」との答弁がありました。

 

駐車場についても要望

 また、同センターの駐車場が有料化されたことで「無断駐車を減らそうとする意図は理解できるが、受診者が1時間分しか無料にならないのなぜか」「1時間では受診が終わらない」などの意見が寄せられています。担当課に伝え、利用者に寄り添ったものとなるよう改善を求めているところです。

 引き続き、西和医療センターの存続と充実を求め、奮闘したいと思います。
 

カテゴリ:まちかどの声 | 10:57 | comments(0) | - | - | - |
今週の早朝街頭活動予定

 

19(月)王寺駅北口

20(火)昭和橋交差点

21(水)椿井交差点

22(木)JR法隆寺駅

 

カテゴリ:今週の早朝宣伝 | 06:21 | comments(0) | - | - | - |
今週の早朝街頭演説予定

 

今週の早朝街頭演説計画。写真は先週の政府交渉の様子です。

 

12(月)安富橋交差点

13(火)協和橋東詰交差点

14(水)近鉄信貴山下駅

15(木)JR法隆寺駅

16(金)明治橋交差点

カテゴリ:今週の早朝宣伝 | 21:14 | comments(0) | - | - | - |
毎朝街頭演説―今週の予定

 

5(月)JR三郷駅

6(火) ◆政府交渉で上京のため中止

7(水)竜田大橋交差点

8(木)安富橋交差点

9(金)JR法隆寺駅

カテゴリ:今週の早朝宣伝 | 23:12 | comments(0) | - | - | - |
| 1/194PAGES | >>