現在の閲覧者数:
西和医療センターの今後は!?―地域の拠点病院として存続と充実を

 

知事公約の詳細は?―9月議会でも述べられず

 

 西和医療センターはどうなるの?」「総合病院として残してほしい」―こんな声が寄せられています。荒井知事が4月の知事選挙のときに公約の中で、王寺駅南側への規模縮小を伴う移転を地図入りで示したからです。

 では、具体的にどんな構想なのか?私は4月以降、何度か県の担当者に問い合わせましたが、回答は「まだ知事の構想の段階で、具体的なことは決まってない」というものでした。ようやく、9月の定例県議会で知事が「今後5年以内にあり方を検討する」と答弁し、その検討内容として、

 |楼茲琉緡泥法璽此

 近くの医療機関との役割分担、

 どの診療科に重点をおくか、

というものが示されましたが、詳細は述べられませんでした。

 

 

厚労相による「名ざし病院統廃合」の影響は…
 

 厚生労働省は9月末、全国424病院を名ざしで「再編・統合を検討する」としました。西和医療センターは今回の424病院には入っていませんでしたが、同じ独立行政法人が運営する「総合リハビリテーションセンター(田原本町)」が入っており無関係ではいられません。県は5年ごとに立てる中期目標・中期計画を踏まえ、法人と連携する役割を持ちますが、西和医療センターの医師確保は進まず、8月からお産の取り扱いを中止することになりました。同じ状況が続けば、5年後に規模縮小となりかねません。

 

 

医師確保すすめ、総合病院として存続を
 

 西和医療センターはこれまで、旧県立三室病院の時代から地域の中核病院として大きな役割を果たしてきました。来年1月15日からは病児保育も開設され、今後も期待が寄せられています。引き続き、地域の願いを国や県に届けるとともに、県の医療政策予算の増額で医師確保をすすめるなど、総合病院としての存続と充実を求めて参ります。

カテゴリ:三郷町 | 20:31 | comments(0) | - | - | - |
「1時間4本運行を」「年2回草刈りを」「駅バリアフリー化を」―近鉄生駒線への要望を申し入れ

 

 

 

 近鉄生駒線について、地域の皆さんからお寄せいただいた要望をまとめ、近鉄電車に申し入れをおこないました。

 

 近鉄生駒線は現在、一昨年三郷町内で発生した擁壁崩落事故の影響で、1時間3本(20分間隔)の運行となっており、「生駒駅や王寺駅の乗り継ぎが悪くなった」「寒いときに20分も電車を待つのはつらい」などの声が寄せられています。崩落現場の工事は2019年内の完了が見通されており、工事完了後は1時間4本(15分間隔)に戻すことを求めました。また、最終電車の時間を繰り下げ24時台にもう1本運行することを求めました。
 近鉄の担当者は「工事について確定した情報は無く、ダイヤ改正については工事完了後に検討する予定」とこたえました。なお、最終電車については2018年3月のダイヤ改正で時間を繰り下げており、今後については未定との考えを示しました。

 

 一方、要望が強い線路沿いの草刈りや、勢野北口駅敷地内の草刈り・樹木の剪定については、年1回を目途にしているが要望があれば2回実施を検討するとのことです。また、勢野北口駅にはスロープがありますが「利用方法の掲示が小さくわかりにくい」との声があります。大きく掲示することを求めると、担当者は「改善したい」とこたえました。このほか、竜田川駅のバリアフリー化は「乗降客3千人以上の駅を優先しており工事は未定」とのこと。駅トイレの水洗化については「公共下水道の工事が完了すれば接続する」との考えを示しました。

 

 無人駅が増えたり本数が少なくなるなど、近鉄生駒線が不便になればますます利用者が減り、さらに不便なものになる「悪循環」を招きます。今後とも、便利な近鉄電車となるよう、引き続き地域の声を届けて参ります。

 

カテゴリ:バッジは無くとも | 12:28 | comments(0) | - | - | - |
お寄せいただいた要望を奈良交通・NCバスに申し入れ

 

 

 この間お寄せいただいた要望をもとに、生駒郡地域の日本共産党議員団は関係各機関に申し入れをおこなっています。

 

 このほど、奈良交通・NCバスに申し入れを行いました。

 

 法隆寺バスセンターなど主要なバス停への音声ガイド設置については「初期投資が膨大で現在のところ予定はないが、視覚障害者には車外マイクで案内するよう運転手に徹底している」との回答でした。

 

 三郷町イーストヒルズから王寺駅へのバス増便については「運転手不足の実態があり慎重に検討したい」。

 三郷町役場前へのバス停設置については「昼間の役場利用のニーズを踏まえ、役場と相談して検討したい」とのことでした。

 

 平群北小学校児童保護者から寄せられている「通学の際に東山駅での乗り換えなしで利用できるダイヤ編成を」との要望については「いくつかある通学利用ダイヤのうち1つを改正できないか検討したい」との回答でした。

 

 今後、近鉄生駒線の15分間隔運行を求める要望や、駅バリアフリー化の要望などを近鉄本社運輸部に申し入れる予定をしています。

 さらに、奈良県郡山土木事務所や、国土交通省近畿地方整備局奈良国道事務所などにも、申し入れを行います。
 

カテゴリ:バッジは無くとも | 19:20 | comments(0) | - | - | - |
奈良レインボーフェスタ2019は、3000人以上のご参加で成功!

 11月3日に馬見丘陵公園をおかりして開催した奈良レインボーフェスタ2019は、3000名をこえる方にご参加いただき、成功を収めました。

 LGBTQなど性的マイノリティ支援啓発を目的に、奈良では昨年が初開催となったこのフェスタ。今年は私も実行委員会として関わらせていただくことができました。また、奈良県をはじめとした各自治体や、県PTA協議会に後援をいただき、深く感謝申し上げます。

 

 当日は好天に恵まれ、飲食店・啓発グッズ物販など50のブースが賑わいました。ステージでは、13のグループが音楽やダンスなどパフォーマンスを展開し、フェスタ実行委員会共同代表の定政輝さんと河崎桃子さんのトークイベントなども好評でした。

 開催地を代表して広陵町の山村町長にご挨拶いただき、PRマスコットのかぐやちゃんにもご登壇いただきました。

 

 私自身、高校生の時や学生時代に、性的違和で悩んでいる仲間がいましたが、当時は知識もなく、ほとんど力になれなかったことを今でも後悔しています。少しでも多くの方にこのLGBTQ支援やジェンダー平等をめざす運動のことを知っていただけるように、頑張りたいと思います。

 

 人権意識が高まりつつあるとは言え、ジェンダー・人種・思想・経済格差などによる不平等がまだまだ残されており、さらには、新たに再生産されています。引き続き、謙虚に学びながら理解を深めて参りたいと思います

 

 

 

 ↑終了後、スタッフで記念撮影。

 

 ↑10月20日(日)、王寺駅北口ロータリーでアピール行動。朝日新聞・奈良新聞に報道されました。

 

 ↑当日の準備の様子。実行委員会は、グッズ作成など14回を重ねました。

 

 ↑当日の様子

 

 ↑当日の様子

 

 ↑開催地を代表して、広陵町の山村町長にご挨拶いただきました。PRマスコットかぐやちゃんも。

 

 ↑啓発ブースにはたくさんのヵたが訪ねてこられました。

 

 ↑久々に軽トラを運転しました。

 

 ↑飲食ブースも賑わいました。焼き芋とラスポテトのいも福来堂さん。

 

 ↑たこ焼きのじんまるさん。

 

 ↑ペンキ塗りや展示物作成など楽しい思い出です。

 

 

 

カテゴリ:青年の未来を切り開こう! | 17:55 | comments(0) | - | - | - |
平群の山に甲子園12個分のメガソーラー―建設予定地を調査

 

 地域のみなさんと平群町櫟原地区のメガソーラー建設予定地を調査しました。

 

 計画は、東京ディズニーランドに匹敵する48ヘクタール(=甲子園球場12個分)を開発し、約6万枚のパネルを設置するというもので、県内でも屈指のメガソーラーとなります。

 

 地元自治会への説明会は実施されましたが、建設による影響は広範囲に及ぶと考えられ、「伐採で保水は大丈夫か」「地滑りしないか」「大型トラックの往来の影響は」など不安の声が広がっています。

 

 再生可能エネルギーとして期待される太陽光発電ですが、適正な管理がなされなければ災害を引き起こしかねません。町や県を通じ、広範な住民を対象とした説明会の実施と、住環境と調和がとれた計画となることを求めて参ります。

カテゴリ:- | 19:15 | comments(0) | - | - | - |
消費税10%増税は大打撃―今こそ県民の暮らしによりそった県政運営を

 10月から消費税が10%に引き上げられました。お暮らしぶりはいかがでしょうか。

 

 共同通信社が増税後に実施した世論調査によると、日本経済の先行きについて「不安」「ある程度不安」を感じているとの回答は計70.9%。また、増税に伴い導入された「軽減税率」制度は複雑だと思う人が82.4%でした。県民の暮らしや経済に大きな打撃となっています。

 

 日本共産党県議団は「今こそ県民の暮らし最優先の県政運営を」をと9月議会に臨みました。

 議案の採決にあたり山村幸穂議員が討論にたち、提出された21議案のうち、一般会計補正予算と「食と農の魅力創造国際大学校」の実践オーベルジュ棟指定管理事業について「同事業が赤字続きで同校も定数割れが続いていることから認められない」と指摘し反対。また、橿原考古学研究所を教育委員会から知事部局に移管する議案や、埋蔵文化財を破壊しかねない平城京トンネル構想を含む道路計画案に反対しました。

 

 

 また、太田敦議員は昨年度決算認定について討論にたち「税金は県民のために使われてこそ意味がある」とし、奈良公園バスターミナルについて「見通しが甘かったと意見が出ている」と指摘。(仮称)奈良県国際芸術家村整備事業について、「建設費だけで99億5000万円と大きいが事業の見通しは不透明」とし、反対しました。

 

 そのほかの議案には賛成しました。

 

 引き続き、地域の願いを県政に届け、税金のムダ使いをチェックし、奮闘する決意です。
 

カテゴリ:議会論戦 | 22:41 | comments(0) | - | - | - |
自衛隊への名簿提供問題で、県に申し入れ

 全国の自治体が自衛隊員勧誘のための適齢者名簿提供を行っている問題で、奈良県平和委員会が調査したところ、県下39すべての市町村が住民基本台帳の閲覧または名簿の提供という形で協力していたことが明らかになりました(先日投稿の通り)。


 奈良県防災統括室は市町村の代表を集めた説明会に自衛隊関係者を招き説明をさせており、党県議団は「個人情報保護の観点から、このような取り組みは見直すべき」と申し入れました。

カテゴリ:青年の未来を切り開こう! | 22:49 | comments(0) | - | - | - |
厚生労働省が名指しで公的病院再編―県内5病院守れと要望


 

 厚生労働省は9月26日、病床数を削減することを目的に公立病院など全国424の病院について、再編や統合が必要として「再検証」を行い、病院名を公表しました。県内では5病院(済生会奈良病院、済生会中和病院、済生会御所病院、奈良県総合リハビリテーションセンター、南和広域医療企業団吉野病院)があげられています。厚生労働省が424病院を選んだのは近隣に同程度の実績を持つ病院があるなどの機械的基準によるものです。


 日本共産党県議団は「地域医療を崩壊させる『再検証』に強く抗議し撤回を求める」とする申し入れを県に対し行いました。「それぞれの病院が持つ歴史的な役割や機能が全く考慮されておらず、病床削減ありきの再編の押しつけをやめるよう国に求めるべき」と要請しました。

 

カテゴリ:まちかどの声 | 22:41 | comments(0) | - | - | - |
県立高校をめぐる4つの請願は全て不採択に

 9月定例県議会に提出されていた県立高校に関する請願4本は、残念ながら不採択となりました。

 

 日本共産党の山村議員は請願の紹介議員として採択を求め討論にたちました。

 山村議員は県立奈良高校体育館の耐震化を求める請願第2号について「生徒自身も切実な思いを訴え要望している」「教育委員会が高校事務長におくった“仮設の木製テント設置は知事の指示”というメールは虚偽だったと表明されたが真実は不明」と指摘。奈良市内高校の普通科定数の見直しを求める請願第3号、平城高校の存続を求める請願第4号、当事者の合意を求める請願第5号についても「生徒や関係者の声にもっと耳を傾けるべき」とし、4つの請願の採択を求めました。

 

 しかし、採決の結果、日本共産党の4議員と日本維新の会の一部議員が採択に賛成したものの、反対多数で不採択となりました。

 

カテゴリ:議会論戦 | 14:11 | comments(0) | - | - | - |
自衛隊員募集の適齢者名簿提出問題―39市町村の対応は

 今年2月の自民党大会で安倍首相は、自衛隊員勧誘のための適齢者名簿提供に応じない6割の自治体を「非協力的」とし、「この状況を変えるために憲法9条に自衛隊を明記する」と発言しました。

 日本平和委員会は現在、この問題についての全国調査を行っていますが、奈良県平和委員会は県下39市町村にアンケートを実施。その結果、奈良県は全ての自治体が住民基本台帳の閲覧または提供という形で協力を行っていることが判明しました。

 このうち、紙媒体で名簿の提供をおこなっている自治体が12自治体、適齢者を抽出して閲覧させている自治体が19自治体ありました。奈良県平和委員会が紙媒体で名簿提供をしていた12自治体に対し「個人情報保護の観点から名簿提供は中止を」と申し入れしたところ、山添村は「次年度から名簿提供はしない」と回答したとのことです。

 

◆閲覧拒否:なし

◆閲覧のみ:安堵町・川西町・田原本町・吉野町・曽爾村・川上村・野迫川村・下北山村

◆適齢者名簿閲覧:奈良市・大和高田市・橿原市・桜井市・宇陀市・御所市・斑鳩町・三郷町・平群町・三宅町・高取町・大淀町・下市町・御杖村・明日香村・天川村・東吉野村・上北山村・十津川村

◆紙媒体で提供:天理市・生駒市・大和郡山市・香芝市・葛城市・五條市・上牧町・河合町・王寺町・広陵町・山添村・黒滝村

 

カテゴリ:Stop戦争する国づくり | 14:52 | comments(0) | - | - | - |
| 1/201PAGES | >>