現在の閲覧者数:
横断歩道で死亡事故多発―自動車は徐行、歩行者いれば一旦停止を

 

 いま、交通安全週間です。

 

歩行者の立場で、

「信号のない横断歩道を渡ろうと手を挙げてるのに、車が止まってくれない」

 

また、ドライバーの立場で

「歩行者がいたので停車したのに、対向車が全然止まってくれない」

 

という経験はありませんか?JAFの調査では「横断歩道で歩行者がいるにもかかわらず約9割の車が停止しなかった」というものもあるようです。

 

 

 奈良県では昨年1年間に歩行者の死亡事故が22件あり、うち横断中が16件、このうち横断歩道上で亡くなった方は5名にのぼります。平群町中央公民館前の横断歩道でも死亡事故がありました。亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、事故の根絶に向けた安全運転の啓発を願うものです。

 

道路交通法第38条は、

 (盥埃圓陵無を確認できなければ、横断歩道の停止位置で止まれるような速度で進行する。

 横断しようとしている、あるいは横断中の歩行者や自転車がいるときは必ず一時停止をする。

 2C琶眛仔發よびその手前30mは追い越しや追い抜きが禁止。

などが規定されています。違反すれば反則通告制度に基づき2点の反則となり、普通車・軽自動車で9000円、二輪車で7000円、原付で6000円の反則金を納めなければなりません。

 

 奈良県警察は今春の交通安全週間に於いて、子どもや高齢者の安全な通行確保、高齢者の運転による事故防止、自転車の安全運転などとあわせて、横断歩道での安全確保を重点項目に掲げており、啓発を強化しているとのことです。改めて、安全運転を呼びかけたいと思います。

続きを読む >>
カテゴリ:まちかどの声 | 17:12 | comments(0) | - | - | - |
今週の早朝街頭演説予定

 9(月)通学路立哨当番

10(火)昭和橋交差点

11(水)王寺駅北口

12(木)近鉄竜田川駅

13(金)JR法隆寺駅北口

カテゴリ:今週の早朝宣伝 | 21:55 | comments(0) | - | - | - |
3〜5歳児対象の「奈良県版就学前教育プログラム」を考える

 

小中学生の学力テスト・体力テスト結果を理由に、幼児教育を強化?

 

 奈良県は昨年より「就学前教育プログラム」と称し、3〜5歳の幼児に特別なカリキュラムの“遊び”“運動”“しつけ”をおこなう事業に取り組んでいます。その理由は、毎年小学6年生と中学3年生を対象に全国いっせいに行われる「全国学力学習状況調査」「全国体力・運動能力、運動習慣等調査」で、奈良県の児童生徒の「学習意欲」「規範意識」「自尊感情」「体力」などの数値が、全国平均値より低いこととされています。

 

 しかし、一体どれくらい低いのか。奈良県が「課題」としている2016年度の結果で見ると、「学習意欲」小学生−0.5%・中学生−2.6%、「規範意識」小学生−0.4%・中学生−1.3%、「自尊感情」小学生−1.8%・中学生−2.9%、「体力」小学生−0.54点・中学生−0.05点です。どれもほぼ平均並みと言えるものです。このように、少しよりも平均を下回ることを問題にし、対策を講じるというのは、各種調査の本来の趣旨をゆがめるものと言わなければなりません。

 

 

 

保育実践の細部にわたる干渉ではなく、保育環境の整備こそ必要

 

「就学前教育プログラム」とはどんなものか。アメリカの「ハイスコープカリキュラム」という、幼児自身の自己管理を土台とした発達観に基づく特殊な指導指針を取り入れ、県内の特徴的な保育実践をもとに、保育者に「具体的実践手法を身につけさせる」ものです。本来、保育活動はそれぞれの子どもの発達段階や個性に合わせて柔軟に対応する中で営まれるものであり、指導方法を細部まで指示し「教え込む」という手法は、就学前教育や保育活動になじまないものです。保育者の自主的な保育活動の妨げになりかねません。

 

 子どもたちの豊かな成長発達を保障するには、保育士の待遇改善や保育所の環境整備こそ必要です。子どもに寄り添った教育を求めて奮闘したいと思います。

カテゴリ:親バカ子育て日記 | 08:00 | comments(0) | - | - | - |
議会最終日、予算の組み替えを提案

 

 日本共産党奈良県議団は議会最終日、新年度予算案の組み替え案を提案しました。賛成少数で否決されましたが、引き続き、県政のムダを指摘し、県民の願い実現に頑張ります。

 

◆実施を提案した事業

 ・子どもの医療費の窓口負担なし(完全無料化)実施…5億7千万円

 ・大学生むけ給付型奨学金…1億2千万円

 ・後期高齢者医療費助成…3億円

 ・介護保険利用者負担軽減…2億円

 ・学校給食費助成…1億円

 ・住宅リフォーム助成…9000万円

 

◆見直しを求めた事業

 ・国際芸術家村構想…7億2400万円(新年度分、事業総額は99億円)

 ・大企業向け企業立地補助金…9億円

 ・大立山まつり…8000万円

 ・東京「ときのもり」や奈良「NAFIC」など富裕層向けレストラン関連…4700万円

 ・京奈和自動車道大和北道路…19億円

 ・奈良公園への高級ホテル関連…2億6000万円

 

詳しくは「続きを読む」をご覧下さい。

続きを読む >>
カテゴリ:議会論戦 | 08:04 | comments(0) | - | - | - |
今週の早朝街頭演説予定

2(月)北公園前交差点

3(火)JR奈良駅(奈良学園大学入学式宣伝)

4(水)近鉄勢野北口駅

5(木)近鉄信貴山下駅

6(金)若草橋

カテゴリ:今週の早朝宣伝 | 21:44 | comments(0) | - | - | - |
今週の早朝街頭演説予定

26(月)竜田大橋交差点

27(火)法隆寺東交差点

28(水)憲法東交差点

29(木)JR法隆寺駅南口

30(金)近鉄平群駅

カテゴリ:今週の早朝宣伝 | 21:22 | comments(0) | - | - | - |
県庁移転決議、僅差で可決―日本共産党は「県民の移転要求もなく費用も膨大」と反対

 

 3月23日(金)の定例県議会最終日、南部・東部地域の議員から超党派で提案された「奈良県庁の橿原市周辺への移転を求める決議」は、23対17(定数44、1名欠員、2名が体調不良で欠席、議長は採決に加わらず)という僅差で可決されました。

 

 日本共産党県議団は、県民から庁舎移転を求める要望が強く寄せられている事実もなく、移転となれば費用も莫大になり、7割近い職員が北西部から通勤していることなどを考慮するならば、決議をあげる意義が乏しいことから反対しました。

 

 この決議は南部・東部の議員が中心となり24名が超党派で連名提案したものです。

 

◆提案者24名(提案順)、2名は欠席、カッコ内は選挙区と会派

 

川口 正志(御所市、創生奈良)

梶川 虔二(生駒郡、創生奈良)

中村 昭 (桜井市、自民党奈良)

秋本登志嗣(御所市、自民党奈良)

米田 忠則(大和高田市、自民党)

国中 憲治(吉野郡、自民党)

山本 進章(橿原市高市郡、創生奈良)

和田 恵治(桜井市、創生奈良)→体調不良で欠席

乾  浩之(北葛城郡、自民党奈良)

奥山 博康(香芝市、自民党奈良)

中野 雅史(大和郡山市、自民党)

松尾 勇臣(吉野郡、日本維新の会)

清水 勉 (北葛城郡、日本維新の会)

西川 均 (葛城市、自民党奈良)

岡  史朗(橿原市高市郡、公明党)

森山 賀文(橿原市高市郡、民進党)

藤野 良次(大和郡山市、民進党)

田中 惟允(宇陀市宇陀郡、自民党)

佐藤 光紀(生駒市、日本維新の会)

中川 崇 (奈良市添上郡、日本維新の会)

松本 宗弘(磯城郡、自民党絆)→体調不良で欠席

川口 延良(天理市、自民党絆)

亀田 忠彦(橿原市高市郡、自民党)

 

◆提案には加わらなかったものの、賛成した議員

井岡 正徳(磯城郡、自民党)

 

 

自民党、維新の会、創生奈良、民進党、公明党など日本共産党以外のは会派は、会派内でも意見が分かれています。

 

 なお、採択された決議は以下のとおりです。

 

 

 

決議第1号

 

                                                  奈良県庁の橿原市周辺への移転を求める決議
                                                  〜「還都 飛鳥・藤原京」の実現に向けて〜

 奈良県は、南北に長い形状が特徴であるが、県庁は、明治20年の奈良県設置以来現在まで、県土北端の奈良公園内に所在しており、地理面で偏りがある。
 現在奈良県では、県内での投資・消費・雇用を好循環させるための経済構造改革の一環として、京奈和自動車道を基軸とする骨格幹線道路ネットワークや御所インターチェンジ周辺等の新たな産業集積地の形成などの推進、県土の約77%を占める森林の新たな環境管理体制の構築など、県の中南部地域の振興施策に取り組んでいる。また、県内から関西国際空港へのアクセスについては、現在でも利便性が高いのは、県の中南部地域の葛城市から南阪奈道路を経由するルートや五條市から京奈和自動車道を経由するルートだが、リニア中央新幹線の全線開業が見込まれるに当たり、本県を南北に縦断する形での当該空港との接続強化が提唱されている。
 このような将来展望を見据え、奈良県が持続的に発展し、県民の豊かな暮らしを生み出していくためには、奈良県議会としては、県土の中心部に近い中南部地域に着目し、大胆に形を変えていくことが必要になると考える。中南部地域の広域アクセスや開発の潜在力を飛躍的に向上させ、その影響力を全県に波及させることこそ、県土の均衡ある持続的な発展を確たるものとすることにつながる。
 その起爆剤として、いにしえには日本の首都「飛鳥・藤原京」が置かれ、現在も中南部地域で県下2番目の都市を擁する橿原市周辺への県庁移転、いわば「還都」を県民に向けて提案するものである。

 以上、決議する。

 平成30年3月23日
                                                                                                     奈良県議会

カテゴリ:議会論戦 | 07:01 | comments(0) | - | - | - |
「監獄ホテル」に設置される行刑史料館に、平和と民主主義を主張し囚われの身となった人々の事績展示を

 

 

 2017年3月末で廃止された奈良少年刑務所(旧奈良監獄)は、明治時代に監獄の近代化をめざして建造された5大監獄のうち唯一現存する洋風建造物であることから、重要文化財として保存活用されることとなり「監獄ホテル」に生まれ変わります。地元住民の皆さんをはじめ、少年刑務所の更正事業を支えてきた人々が保存を求めて運動を展開し、奈良県議会でも2016年6月に保存を求める意見書が全会一致で採択されました。

 2017年12月には、法務省と「旧奈良監獄保存活用株式会社」との間で契約がなされ、‖竸眠修など「改修業務」、∋卜狙依・展示など「史料館の運営」、ホテル運営など「付帯事業」の3つの柱が示されました。同所が日本の行刑史を展示する監獄史料館となることを歓迎します。

 

 旧奈良監獄には戦前、平和と民主主義を主張した人々が思想犯として収監された歴史があり、治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟奈良県本部の調べによると130名を超える人々の名前が特定されています。2017年6月定例県議会では、こうした人々の事績に光を当てた展示を求める意見書が全会一致で採択されました。旧奈良監獄に関する意見書としては、前年に引き続く2本目の意見書となります。

 このほど、(株)小学館集英社プロダクションが同史料館の運営業務を担うことに決まったことから、改めて奈良県議会で採択された2本目の意見書の趣旨を踏まえ、「企画展示」にとどめず「常設展示」となるよう法務省に申し入れました。担当者は「108年の歴史を史実に基づいて紹介するのは当然のこと」と当方の主張に一定の理解を示し、「2019年秋の部分開館、2021年春の全面開館にむけた準備の中で、協議していきたい」とこたえました。

 

 戦前に「治安維持法」が猛威を振るい国民を弾圧した歴史は、日本の行刑史でも大きな部分を占めます。戦後確立した民主主義を大きく発展させるためにも、平和と民主主義を主張し囚われの身となった人々の事績を「常設展示」することを強く求めて参りたいと思います。

カテゴリ:政策と主張 | 22:10 | comments(0) | - | - | - |
奈良県の「強制不妊手術」36件―最年少は13歳少年

  写真は毎日新聞より

 

 旧優生保護法(1948〜96年)に基づき、「優生手術」と称して知的障害者や精神障害者に強制的に不妊手術をおこなっていた問題で、宮城県の60代女性が初の国家賠償請求訴訟を起こしました。

 報道によると、全国で現存する旧厚生省の「衛生年報」などから判明した優生手術件数は、北海道2593人、宮城県1406人、岡山県845人・・・とされています。同法に手術対象者の年齢制限の規定はなく、宮城県で手術を受けた人のうち最高齢は男性51歳、女性46歳で、最年少は男児10歳、女児9歳でした。

 

 奈良県はこのほど、現存する「優生手術適否決定通知書」から同法による強制不妊手術の対象者として推定できる県内の人数を発表。「実際に優生手術が行われたかどうかは実施報告書の書類が残っていないので不明」としながらも、その人数を36人としました。手術は昭和24年から昭和45年までおこなわれており、最年少は男性13歳、女性18歳で、最高年齢は男性33歳、女性38歳でした。

 

 旧優生保護法とは、ナチス・ドイツの「断種法」がモデルの国民優生法が前身の法律です。「不良な子孫の出生防止」を掲げ、障害を理由に本人の同意なしでも不妊手術を認めました。手術の必要性は医師が判断し、都道府県が設置する審査会が諾否を決めていました。手術を強制する際の身体の拘束、麻酔の使用、欺罔(ぎもう=だますこと)なども認められ、手術を受けた人が結婚する場合、相手側に不妊手術の事実を通知するよう定めていました。

 

 とんでもない人権侵害の法律が、つい22年前まで存在していたことに驚きです。

 

カテゴリ:青年の未来を切り開こう! | 21:56 | comments(0) | - | - | - |
今週の早朝街頭演説予定

 

今週の早朝街頭演説予定

 

13(火)協和橋東詰交差点

14(水)王寺駅北口

15(木)JR法隆寺駅

16(金)法隆寺東交差点

カテゴリ:今週の早朝宣伝 | 02:01 | comments(0) | - | - | - |
| 1/188PAGES | >>